キャリアの大容量プランを比較!docomoはプランが充実、au・SoftBankは料金が安い

最近は、キャリアやMVNO共に大容量プランがかなり充実してきています。月々スマホにかかってくる費用を抑えたいのであればMVNOの方がオススメですが、大容量プランを契約するのであればキャリアでもお得です。しかも、キャリアの快適な通信環境で安定してデータ通信を利用できる点はかなり大きいと思います。

今回は、キャリアの大容量プランを比較したいと思います(`・ω・′  )

スポンサーリンク

docomoのウルトラパック

docomoの「ウルトラパック」は、「カケホーダイプラン」(月額2,700円)、または「カケホーダイライトプラン」(月額1,700円)とのセットで利用できます。「カケホーダイプラン」では、国内通話が24時間無料で利用することができ、「カケホーダイライトプラン」では、1回あたり5分以内の通話が回数無制限で無料となります。

一人で利用する場合

料金は以下の通りです。一人で大容量プランを利用する場合は「ウルトラデータLパック」や「ウルトラデータLLパック」が便利です。

プラン 通信量 月額料金
データSパック(小容量) 2GB 3,500円
データMパック(標準) 5GB 5,000円
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

カケホーダイやspモードの料金を合わせると以下の通りになります。

基本料金 spモード 通信量 月額料金(合計)
カケホーダイライト
(1,700円)
300円 2GB 5,500円
5GB 7,000円
20GB 8,000円
30GB 10,000円
カケホーダイ
(2,700円)
2GB 6,500円
5GB 8,000円
20GB 9,000円
30GB 11,000円

例えば、「カケホーダイライトプラン」とセットで「ウルトラデータLパック」(20GB)を契約した場合は、月額8,000円(=1,700円+300円+6,000円)の費用で利用できます。ウルトラパックを一人で利用する場合であれば、これが最安値ですね(・ω・)

テザリングを利用する場合は、通常、オプション料金として月額1,000円かかりますが、2018年3月まで無料で提供されます。auやソフトバンクよりも長いです(°ω°)

通信量をシェアする場合

通信量を家族でシェアしたい場合は「ウルトラシェアパック50」や「ウルトラシェアパック100」が便利です。例えば、家族4人でウルトラシェアパック50を契約した場合は、毎月50GBを4人でシェアすることができます。

プラン 通信量 月額料金
シェアパック5(小容量) 5GB 6,500円
シェアパック10(小容量) 10GB 9,500円
シェアパック15(標準) 15GB 12,500円
ウルトラシェアパック50 50GB 16,000円
ウルトラシェアパック100 100GB 25,000円

余った通信量は翌月に繰り越すことができます。

カケホーダイやspモードの料金を合わせると以下の通りになります。

基本料金 spモード 通信量 月額料(合計)
カケホーダイライト
(1,700円)
300円 5GB 8,500円
10GB 11,500円
15GB 14,500円
50GB 18,000円
100GB 27,000円
カケホーダイ
(2,700円)
5GB 9,500円
10GB 12,500円
15GB 15,500円
50GB 19,000円
100GB 28,000円

ずっとドコモ割やドコモ光パックでさらにお得!

また、4年以上の長期契約者には、利用期間に応じた割引(ずっとドコモ割)が適用され、毎月発生するパケットパックの料金から最大2,500円割引されます。

▼一人で利用する場合

プラン 契約年数に応じた割引額/月
4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
データSパック(小容量) -600円
データMパック(標準) -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLLパック -200円 -400円 -600円 -800円

▼家族でシェアする場合

プラン 契約年数に応じた割引額/月
4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
シェアパック5(小容量) -100円 -200円 -600円 -800円
シェアパック10(小容量) -400円 -600円 -800円 -1,000円
シェアパック15(標準) -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラシェアパック50 -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラシェアパック100 -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円

また、ドコモ光を利用しているユーザーであれば毎月のセット割も適用され、毎月のパケットパックの料金から最大3,200円の割引を受けられます。割引額は、戸建向けとマンション向けで異なっているのでご注意下さい。

▼戸建向け

プラン 割引額/月
データSパック(小容量) -500円
データMパック(標準) -800円
ウルトラデータLパック -900円
ウルトラデータLLパック -1,100円
シェアパック5(小容量) -800円
シェアパック10(小容量) -1,200円
シェアパック15(標準) -1,800円
ウルトラシェアパック50 -2,500円
ウルトラシェアパック100 -3,200円

▼マンション向け

プラン 割引額/月
データSパック(小容量) -500円
データMパック(標準) -800円
ウルトラデータLパック -900円
ウルトラデータLLパック -1,100円
シェアパック5(小容量) -800円
シェアパック10(小容量) -1,200円
シェアパック15(標準) -1,800円
ウルトラシェアパック50 -2,400円
ウルトラシェアパック100 -3,000円

法人向け大容量プランも提供

さらに、法人向けの大容量プランも発表されており、同一法人間で通信量をシェアすることができます。

プラン 容量 上限回線数 月額料金
ビジネスシェアパック5 5GB 5回線 6,500円
ビジネスシェアパック10 10GB 10回線 9,500円
ビジネスシェアパック15 15GB 15回線 12,500円
ウルトラビジネスシェアパック50 50GB 20回線 16,000円
ウルトラビジネスシェアパック100 100GB 30回線 25,000円
ビジネスシェアパック50〜3000 プランに応じて
50〜3,000GB
プランに応じて
50〜1,000回線
プランに応じて
37,000〜1,900,000円

法人向けの場合も、条件さえ整えば、ずっとドコモ割やドコモ光のセット割が適用されるようになっています。

▼ずっとドコモ割の割引額

プラン 契約年数に応じた割引額/月
4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ビジネスシェアパック5 -100円 -200円 -600円 -800円
ビジネスシェアパック10 -400円 -600円 -800円 -1,000円
ビジネスシェアパック15 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラビジネスシェアパック50 -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラビジネスシェアパック100 -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円

▼ドコモ光パックの割引額(戸建向け)

プラン 割引額/月
ビジネスシェアパック5 -800円
ビジネスシェアパック10 -1,200円
ビジネスシェアパック15 -1,800円
ウルトラビジネスシェアパック50 -2,500円
ウルトラビジネスシェアパック100 -3,200円
ビジネスシェアパック50〜3000 -3,200円

▼ドコモ光パックの割引額(マンション向け)

プラン 割引額/月
ビジネスシェアパック5 -800円
ビジネスシェアパック10 -1,200円
ビジネスシェアパック15 -1,800円
ウルトラビジネスシェアパック50 -2,400円
ウルトラビジネスシェアパック100 -3,000円
ビジネスシェアパック50〜3000 -3,000円

auのスーパーデジラ

auのスーパーデジラでは、月々20GBや30GBのデータ通信を利用することができます。

プラン 通信量 月額料金
データ定額1 1GB 2,900円
データ定額2 2GB 3,500円
データ定額3 3GB 4,200円
データ定額5 5GB 5,000円
データ定額20 20GB 6,000円
データ定額30 30GB 8,000円

スーパーデジラは、国内通話が24時間カケ放題となる「カケホ」(電話カケ放題プラン)や1回あたり5分以内の通話が回数無制限で無料となる「スーパーカケホ」(電話カケ放題プランS)とセットで利用することができます。

基本料金 LTE NET 通信量 月額料金(合計) auスマートバリュー適用時(合計)
スーパーカケホ
(電話カケ放題プランS)
1,700円※
300円 1GB 4,900円 3,966円
3GB 6,200円 5,266円
5GB 7,000円 5,590円
20GB 8,000円 6,590円
30GB 10,000円 8,000円
カケホ
(電話カケ放題プラン)
2,700円※
2GB 6,500円 5,566円
3GB 7,200円 6,266円
5GB 8,000円 6,590円
20GB 9,000円 7,590円
30GB 11,000円 9,000円

※2年契約で自動更新される場合の金額です。

ちなみに、余った通信量は翌月に繰り越すことができます。

例えば、「スーパーカケホ」に加入し20GBを選択した場合は、トータルで月々8,000円で利用することができます。auのスマートバリューが適用されると、900円から2,000円程安くなります。auのスマートバリューでは、スマホと一緒にネットや電話などの固定通信サービスに加入すると、月々発生するスマホの利用料金が割引されるというものです。容量が多くなればなるほど割引額も大きくなってきます。

さらに、auでは、テザリングオプション(月額1,000円)が2017年4月まで無料で提供されます。

複数のスマホ・タブレットで通信量シェアも可能!

月々付与される通信量は、複数端末間でシェアすることができます。例えば、スマホとタブレットを持っている方が20GBプランを契約した場合、月々タブレットで15GB、スマホで5GBのデータ通信を利用するといったことが可能です。

ただ、シェアできる端末には上限があり、1つのau IDに対して、ケータイ(4G LTE)は1台、タブレットやPCは5台までの最大6台となっています。

また、家族で利用する場合もスマートバリュー適用対象となり、固定回線1回線につき、家族全員のスマホやケータイの利用料金が10回線まで割引されます。さらに、50歳以上の家族に関しては、対象の固定回線を契約中の住所と別の住所に住んでいてもスマートバリューへの申し込みが可能です。

SoftBankのギガモンスター

SoftBankでは、月々20GBまたは30GBのデータ通信を利用できる「ギガモンスター」がデータ定額プランとして提供されています。

プラン 通信量 月額料金
データ定額ミニ 1GB 1GB 2,900円
データ定額ミニ 2GB 2GB 3,500円
データ定額 5GB 5GB 5,000円
ギガモンスター
データ定額 20GB
20GB 6,000円
ギガモンスター
データ定額 30GB
30GB 8,000円

docomoやauと同様に、かけ放題サービスと一緒に利用する形になります。「スマ放題」では国内通話が24時間無料となり、「スマ放題ライト」では1回あたり5分以内の通話が回数無制限で無料となります。

SoftBankの場合は、利用する端末の種類によって料金が異なってきます。

▼iPhone・スマートフォン・シンプルスマホ

基本料金 ウェブ使用料 通信量 月額料金(合計)
スマ放題
2,700円※1
300円 1GB 2,900円
2GB 3,500円
5GB 5,000円
20GB 6,000円
30GB 8,000円
スマ放題ライト
1,700円※1
1GB 2,900円
5GB 5,000円
20GB 6,000円
30GB 8,000円

▼ケータイ(4G)

基本料金 ウェブ使用料 通信量 月額料金(合計)
スマ放題
2,200円※1
300円 2.5GB 0〜4,200円※2
1GB 2,900円
2GB 3,500円
5GB 5,000円
20GB 6,000円
30GB 8,000円
スマ放題ライト
1,200円※1
2.5GB 0〜4,200円※3
1GB 2,900円
5GB 5,000円
20GB 6,000円
30GB 8,000円

▼iPad・タブレット

基本料金 ウェブ使用料 通信量 月額料金(合計)
タブレット基本料金
1,700円※1
300円 1GB 2,900円
2GB 3,500円
5GB 5,000円
20GB 6,000円
30GB 8,000円

※1 2年契約で自動更新される場合の金額です。
※2 1KBにつき0.04円かかります。
※3 1KBにつき0.05円かかります。

今ならキャンペーン中で、テザリングオプション(月額1,000円)が2017年4月まで無料で利用できます。

まとめ

SoftBankのギガモンスターが一番安いですが、auでもスマートバリューが適用されれば安くなるので、「auひかり」の契約を検討中の方はauのスーパーデジラを検討してみても良いかと思います。

一方、docomoでは50GBや100GBの超大容量プランが提供されている上に、法人向けプランも提供されている点が大きな特長となっています。

ここ最近では、Youtubeやニコニコ動画などで提供される動画コンテンツが充実し、利用者も増えてきているのに加え、広告もバナーや動画形式のものが増えてきていることから、利用者のトラフィックは年々増加傾向にあります。

毎月の通信量が足りないと感じているユーザーは、チェックしてみてください(・ω・)ノ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする