2017年の新MacBookやMacBook Pro、iMacはマイナーアップデートにとどまる見通し

Bloombergは、来年は12インチのMacBookやMacBook Pro、iMacの新モデルが登場するようですが、iMacではUSB-Cポート(Thunderbolt 3)やAMDの新しいGPUなどが搭載されるという機能面のアップデートにとどまり、12インチのMacBookやMacBook Proも全体的にマイナーアップデートにとどまるだろうと伝えています。デザインに関しても特に大きな変更はないとのこと。

Mac fans shouldn’t hold their breath for radical new designs in 2017 though. Instead, the company is preparing modest updates: USB-C ports and a new Advanced Micro Devices Inc. graphics processor for the iMac, and minor bumps in processing power for the 12-inch MacBook and MacBook Pro. Cue the outrage.

(訳)Macユーザーは、2017年の革新的なデザイン変更を期待すべきではないでしょう。iMacではUSB-CポートやAMDの新GPUがに搭載される程度で、12インチのMacBookやMacBook Proに関しても性能面でマイナーアップデートがされるにとどまるようです。…(後略)…

スポンサーリンク

iMacにはTouch BarやTouch ID搭載か

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、iMacの新モデルが2017年の前半には発売されるという予測を2016年早々に発表していますが、iMacは前モデルがリリースされてから434日もアップデートされていないので、近い将来新モデルが出ることはほぼ間違いないでしょう。ただ、今年新モデルが発表されていないiMacでも大幅なデザイン変更はなく、機能面のアップデートにとどまるようです。

しかし、Apple社のデザイナーによると、Touch BarとTouch IDに対応したスタンドアロンのキーボードをデスクトップ向けに開発中とのことなので、この辺に大きな変更を期待できるでしょう。ただ、実際にTouch BarとTouch IDが搭載されるかどうかは、10月に発売されたMacBook ProのTouch BarとTouch IDの機能がユーザーに受け入れられるかどうかにかかっているようなので搭載されない可能性もあるようです。

最近のApple社はiPhone事業の方に注力しているようですが、CEOのティム・クック氏は「素晴らしいデスクトップを開発中である」と明言しデスクトップ事業にもある程度は注目しているようなので、単に開発に時間が必要な状況があるのかもしれません。

もしかしたら、iPhoneの方を重視するあまりMacの優先度が下がっている状況があるのかもしれませんが、リソースが限られている中で、iPhoneを利用するユーザーの方が圧倒的に多く、次期モデルについての関心もiPhoneの方が高い傾向にあることから致し方ないでしょう。

無理して早く作っても中途半端なものができてしまう可能性があるので、Macユーザーとしては、Appleから革新的で使いやすいMacが登場するのを期待しつつ、気長に待ちたいところですね(`・ω・′  )

ソース:MacRumors

スポンサーリンク

シェアする

フォローする