U-mobileのトライアルでデータSIMを1週間間試したら想像以上に良かったよ!

U-mobileが、「ネットだけプラン」のデータ専用SIM(5GB)を無料で試せる太っ腹なキャンペーンを実施していたので、管理人もU-mobileのデータ専用SIMを試してみました!

正直なところ、管理人は、U-mobileのSIMに関しては良い評判をあまり聞いていなかったのであまり良いイメージを持っていなかったのですが、実際に使ってみたところ想像以上に良いSIMだったので、今回は、その使用感を絡めてU-mobileについてまとめました(`・ω・′  )

といっても、今回試したのはデータ専用SIMなので、データ通信と無料で付くU-NEXT Wi-Fiのレビューが中心になります。

スポンサーリンク

SIMの挿入・APN設定

早速SIMを挿入して、APN設定をしていきます。U-mobileから届いたものはこちら。SIMカード・SIMカードのかんたん利用ガイド・U-NEXT Wi-Fiの設定ガイドの3点が入っています。かなりシンプルです。

まずは、端末の電源を切ってSIMを挿入します。今回はiPhoneSEを使用しました。

APN設定は、SIMカードかんたん利用ガイドを見ながら行えばOKです。Androidでの設定方法とiOSでの設定方法が分けて書かれていて見やすくなっています。今回はiPhoneを使うので、APN構成プロファイルをダウンロードするだけでした(ノ)・ω・(ヾ)

APN構成プロファイルをダウンロードする場合は、2種類のプロファイルが用意されていますが、ダウンロードすべきプロファイルはSIMカードが入っている紙に記載されている「APN」によって異なるので注意が必要です。

APN構成プロファイルをダウンロードしたら、すぐにアンテナピクトが「4G」と表示されました。プロファイルを入れて早速使い始めていますが、通信環境はかなり安定しています。

データ通信の使用感

U-mobileのSIMでテザリングをして、平日の朝と昼に数時間ほど動画を再生しながら作業をしてみました。動画は一度だけ止まってしまいましたが、それ以外は特に使いにくいということはありませんでした。主な作業は、記事や画像のアップロードです。

あと、最近は外出先でよくSpotifyを再生しますが、今のところ一度も止まったことはありません。

月々の通信量を使い切った場合以外にも、他のユーザーに影響をあたえるような短期間で大容量の通信を伴うデータの送受信をした場合にも一時的に速度制限をすることがあるということなので、大量のデータを一気にダウンロードするような時はWi-Fiを使った方が良さそうですね。

ちなみに、利用環境に大きく影響するダウンロード速度は平日の朝で12.22Mbpsでした。特別速いというわけではありませんが、これだけで出ていれば、動画視聴を含めて大抵のことは問題なくできるレベルだと思います。

この日の昼に計測し忘れたので違う日のものになってしまいますが、docomo系MVNOが遅くなりがちな、平日(水曜日)の昼のダウンロード速度は、なんと2.07Mbpsを記録しています。ちなみに、測ったのは新宿近辺です。

平日の夜はちょっと遅めで、ダウンロード速度が3.95Mbpsでした。

土曜日の昼もちょっと遅めで、新宿周辺のダウンロード速度が1.95Mbpsでした。この時、Googleマップを使っていたのですが、問題なく使えたのでインターネットやSNSくらいであれば問題なくできるかと思います。

土曜日の20時頃の新宿周辺のダウンロード速度は7.93Mbpsでした。

ちなみに、テザリング時のダウンロード速度は平日の朝でこんな感じです。

最近、夜になると自宅のWi-Fiが遅くなることがあるのですが、その時はWi-FiをOFFにしてU-mobileのモバイルデータ通信を利用すると通信環境が改善します。PCを利用中でWi-Fi環境が悪ければ、テザリングの方を利用しています(笑)

トライアルSIMを利用する際の注意点

トライアルSIMを利用する際の注意点が一つだけあります。U-mobileのデータ専用SIMのトライアル期間は2ヶ月ですが、この2ヶ月のカウントはSIMが届いた日から開始されるようです。

管理人の場合、トライアルSIMが2017年2月7日に到着していたのですが、APN設定をして利用するようになったのは2017年2月8日でした。体感上の利用開始は2月8日ですが、U-mobileのマイページをチェックすると、利用開始日が2月7日になっていました。

SIMが届いた後、APN設定をするのが面倒で放っておくことがある方もいるかと思いますが、トライアル期間は刻々と減っていってしまうので、可能な限り早めに設定することをオススメします。

U-mobileが提供するプラン

U-mobileでは、「ネットだけプラン」と「通話プラスプラン」に加え、「U-mobile MAX 25GB」、「U-mobile SUPER」、LTE使い放題の「U-mobile PREMIUM」が提供されています。

U-mobile データ専用

データ専用」では、データ通信やSMSを利用することができます。月によって利用する通信量が変動するユーザー向けには、「ダブルフィックス」というプランが提供されています。「ダブルフィックス」では、月額料金が2段階(1GB以下・1GB超)に設定されており、どの料金になるかは月々の通信利用量によって決まります。

各プランの月額料金は以下の通りとなっており、月々150円でSMS機能を付けることもできます。料金的には、業界平均くらいだと思います。

SIM プラン名 月額料金
データSIM 1GB 790円
5GB 1,480円
LTE使い放題 2,480円
ダブルフィックス(3GB以下) 1GB以下:680円
1GB超:900円
データSIM
+
SMS
1GB 940円
5GB 1,630円
LTE使い放題 2,630円
ダブルフィックス(3GB以下) 1GB以下:830円
1GB超:1,050円

1GB・5GBプランであれば月々の通信量を使い切った場合に、ダブルフィックスであれば月々の通信利用量が3GBを超えた場合に通信速度が200Kbpsに制限されます。その他、他のユーザーに影響をあたえるような短期間で大容量の通信を伴うデータの送受信に対しても、一時的に速度制限をすることがあるということです。

なお、データSIMに最低利用期間はありません。(SMSオプションを付けた場合も同様です)

初期費用は、契約事務手数料である3,000円の他に、SIM発行手数料として394円かかります。

U-mobile 通話プラス

「通話プラス」では、データ通信やSMSに加え、音声通話も利用することができます。プランは、3GB・5GB・使い放題・使い放題2・USEN MUSIC SIM・U-mobile for iPhone・ダブルフィックス(3GB以下)の7種類も提供されており、データ通信専用SIMに比べてかなり豊富となっています。

料金的には平均より若干安めだと思います。

SIM 通信量 月額料金 最低利用期間
音声通話SIM 3GB 1,580円 6ヶ月
5GB 1,980円 6ヶ月
LTE使い放題 2,980円 6ヶ月
LTE使い放題2 2,730円 12ヶ月
USEN MUSIC SIM 2,980円 12ヶ月
U-mobile for iPhone 2,980円 12ヶ月
ダブルフィックス(3GB以下) 1GB以下:1,480円
1GB超:1,780円
6ヶ月

LTE使い放題」と「LTE使い放題2」は、プラン名は違いますが、内容は基本的に同じです。いずれもdocomo回線を利用することができ、月々の通信量に制限はありません。ただし、最低利用期間が異なっており「LTE使い放題」は6ヶ月、「LTE使い放題2」は12ヶ月となっています。「LTE使い放題2」の方が最低利用期間が長めな分、月額料金も安めとなっています。安めといっても200円ちょっとしか変わらず、6ヶ月の差は結構大きいので、個人的には「LTE使い放題」にした方が良いと思います。

USEN MUSIC SIM」では、「LTE使い放題」と音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」をセットで利用することができます。「スマホでUSEN」では、いつでもどこでも1,000チャンネル・150万曲以上を楽しむことができます。しかも、U-NEXT Wi-Fiも無料で使えるので、全国82,000ヶ所のWi-Fiを使って通信量を節約することができます。最近、管理人はよくSpotifyを聴きますが、消費される通信量は結構ばかにならないので、使い放題という点は大きなポイントになると思います。

U-mobile for iPhone」では、LTE使い放題に加え、全国82,000ヶ所のU-NEXT Wi-Fiも利用することができます。iPhoneが故障した際の修理・交換保証も付いています。さらに、U-NEXTオンデマンドサービスで利用できるポイントが毎月600ポイントプレゼントされます。これで毎月1本の映画を楽しむことができます。

3GB・5GBプランであれば月々の通信量を使い切った場合に、ダブルフィックスであれば月々の通信利用量が3GBを超えた場合に通信速度が200Kbps以下に制限されてしまいます。それ以外の場合でも、他のユーザーに影響をあたえるような短期間で大容量の通信を伴うデータの送受信に対しても、一時的に速度制限をすることがあるようです。

初期費用は、契約事務手数料である3,000円の他に、SIM発行手数料として394円かかります。

通話を利用すると通話料として通常料金(20/30秒)がかかりますが、U-mobile専用の通話アプリ「U-CALL」で発信すると通話料金を半額(10/30秒)に抑えることができます。特に設定は不要で、アプリをダウンロードした後起動すれば発信できます。

u-call-apps

通話プラスプランの場合は最低利用期間が6ヶ月間となっており、6ヶ月以内に解約すると一契約ごとに6,000円の解約事務手数料(違約金)がかかるので注意が必要です。

通話プラスの「LTE使い放題」と「LTE使い放題2」に関しては、別途違約金について定められています。「LTE使い放題」に関しては利用開始月から6ヶ月以内に解約した場合は6,000円の手数料がかかり、「LTE使い放題2」に関しては契約月から6ヶ月以内に解約した場合は9,500円、7ヶ月目から12ヶ月以内に解約した場合は3,500円の違約金がかかります。(ちなみに、MNP転出をした場合も含みます)

「USEN MUSIC SIM」に関しては、通話プラスの「LTE使い放題」または「スマホでUSEN」を利用開始月から6ヶ月以内に終了した場合は、9,500円の違約金が発生します。利用開始月から7ヶ月目から12ヶ月以内に終了した場合は3,500円の違約金が発生します。

「U-mobile for iPhone」の解約時の違約金に関しては、「SIMのサイズ変更・再発行・プラン変更など」の「プラン変更」のところに書いています。

U-mobile MAX 25GB

U-mobile MAX 25GB」では、月々2,380円から25GBの高速データ通信を利用することができ、以下3つのプランが提供されています。(エンタメプラスに関しては、現時点では準備中です)

  データ専用 通話プラス エンタメプラス
月額料金 2,380円 2,880円 3,980円
SMS あり なし あり あり
150円 基本料金に含む
通信量 25GB
音声通話 ×

データ専用」ではデータ通信・SMS(SMSオプションを付けた場合)を利用することができ、「通話プラス」ではデータ通信・SMS・音声通話を利用することができます。「エンタメプラス」では、データ通信・SMS・音声通話に加え、音楽聴き放題アプリの「スマホでUSEN」や動画配信サービス「U-NEXT」を利用することができます。

さらに、いずれのプランでも、全国8万2,000ヶ所で利用できる公衆無線Wi-Fi「U-NEXT Wi-Fi」を利用することができます。

通話料金は原則として20円/30秒となりますが、「3分50回かけ放題オプション」(月額500円)をつけて「U-CALL MAX」というアプリから発信すると通常よりも通話料を抑えることができます。「3分50回かけ放題オプション」では、1回当たり3分以内の通話を毎日50回まで無料で利用することができます。

ちなみに、一つの目安ですが、ソフトバンクで提供されている「スマ放題ライト」(5分かけ放題)のギガモンスターの場合は、基本料金(月額1,700円)の他に、20GBプランの場合は通信料金が6,000円、30GBプランの場合は通信料金が8,000円がかかってきます。

なお、「U-mobile MAX」(通話プラスプラン・エンタメプラスプラン)を契約月から6ヶ月以内に解約した場合は、6,000円の違約金がかかるので注意が必要です。

一方、「U-mobile MAX」(データ専用)の場合は、いつ解約しても違約金はかかりません。

これは直接U-mobileのSIMとは関係ありませんが、2017年2月28日から7月3日の23時59分までプリッツ映画見放題キャンペーンが実施されており、キャンペーン期間内に対象のプリッツを購入すると、U-NEXTの映画・ドラマ・アニメが24時間見放題となります。応募方法は、グリコのキャンペーンページにアクセスしてプリッツのパッケージ内に記載されているシリアルナンバー(14桁)を入力するだけです。これで、ギフトコードが発行されて動画視聴が可能となります。

対象商品は以下のものです。

  • プリッツ<サラダ>
  • プリッツ<ロースト>
  • プリッツ<発酵バター>
  • プリッツ<明太マヨ>
  • トマトプリッツ

キャンペーン対象商品には、天面にキャンペーンロゴが記載されているので、要チェック!

U-NEXTに興味がある方はチェックしてみてください。他の動画視聴サービスを利用しているという方はもちろん、特に、一度エンタメプラスを検討したことがあるけど、他の動画視聴サービスを利用していてそれにしなかったという方は、実際に視聴してみると、意外と良いということもあるかもしれません(`・ω・′  )

U-mobile SUPER

U-mobile SUPER」は、1GB・3GB・7GBのデータ通信と通話無料サービスがセットになったプランです。「通話もプラン」では通話料が20円/30秒もかかってしまうので、月々一定時間通話を利用する方には「U-mobile SUPER」がオススメです。

「U-mobile SUPER」では、キャリアのY!mobileの回線を利用できます。都市部はもちろん、全国各地にも対応しているので安心です。月額料金は、通信量に応じて以下の通りに設定されています。

▼通常

  SUPER Talk
S
SUPER Talk
M
SUPER Talk
L
月額料金 1年目 1,980円
2年目 2,980円
1年目 2,980円
2年目 3,980円
1年目 4,980円
2年目 5,980円
通信量/月 1GB 3GB 7GB
無料通話/月 10分以内/回の通話が300回/月まで無料

1年目の月額料金は「スーパーおトク割」が適用された時の金額ですが、今ならもれなく適用され月額料金から1,000円割引されます。ただし、この割引が適用されるのは、利用開始月から12ヶ月間のみなので注意!

また、今ならデータ増量キャンペーン中(2016年7月から開始され、終了時期は未定)で、「SUPER Talk S/M/L」に申し込んだユーザーを対象に、月々利用できる通信量を24ヶ月間増量するキャンペーンを実施しています。

増量後の通信量は以下の通りです。もちろん料金は変わらず、最大で5GBも増量されます。

▼データ増量キャンペーン適用時

  SUPER Talk
S
SUPER Talk
M
SUPER Talk
L
月額料金 1年目 1,980円
2年目 2,980円
1年目 2,980円
2年目 3,980円
1年目 4,980円
2年目 5,980円
通信量/月 2GB 6GB 12GB
無料通話/月 10分以内/回の通話が300回/月まで無料

増量といっても、月々付与される通信量が増えるというわけではなく、通信量を追加でチャージするための料金が割引されるだけなので、最大の通信量を利用するためには別にチャージの手続が必要です。割引されるチャージの回数は以下の通りです。

プラン 増量される通信量
SUPER Talk S +1GB(500MB×2回)
SUPER Talk M +3GB(500MB×6回)
SUPER Talk L +5GB(500MB×10回)

「U-mobile Super」は、開通月(SIMが到着した月)を含む2年契約(24ヶ月間)となっており、その間に解約すると9,500円の違約金がかかるので注意が必要です。MNP転出も含みます。

LTE使い放題プラン(U-mobile PREMIUM)

「U-mobile PREMIUM」(LTE使い放題プラン)では、データ通信が無制限で可能になっている上に、最大通信速度(下り)が375Mbpsとなっています。通常、こういった無制限プランでは最大通信速度が通常プランに比べて遅めに設定されていることが多いのですが、LTE使い放題プランでは通常と同程度に設定されているのが特長です。

月額料金は以下の通りです。

  U-mobile PREMIUM
データ専用 通話プラス
月額料金 2,480円 2,980円
通信量 無制限 無制限
最大通信速度
(下り/上り)
375Mbps/50Mbps 375Mbps/50Mbps
最低利用期間 なし 12ヶ月間

最大通信速度はベストエフォート時の速度なので、実際にこれくらいの速度が保証されているわけではありません。また、短期間で大量の通信をした場合は速度制限されることがあるので注意が必要です。

お客様の端末環境含む通信設備やネットワークの混雑状況等により、規格上の最大速度に対して実効速度が著しく低下することがあります。また、他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間での大容量データの送受信は、公平なサービス提供のため、一時的に通信速度の制限を行うことがあります。

引用元:U-mobile PREMIUM(U-mobile)

また、「U-mobile PREMIUM」(通話プラス)を利用開始月から1年以内に解約した場合は、解約事務手数料として、残月数×1,000円がかかるので注意が必要です。例えば、2017年1月に「U-mobile PREMIUM」を契約したユーザーが2017年2月いっぱいで解約した場合、解約時に10,000円(=10ヶ月×1,000円)の手数料(違約金)がかかります。

一方、「U-mobile PREMIUM」(データ専用)の場合はいつ解約しても違約金はかかりません。

U-NEXT Wi-Fiが無料で利用できる

「U-NEXT Wi-Fi」では、全国のカフェ・駅・空港・ホテルなど、82,000ヶ所に設置されているWi-Fiを利用することができます。対象プランは以下の通り。U-mobileのSIM(U-mobile SUPERを除く)を利用中のユーザーであれば、無料で利用することができます。

【ネットだけプラン】
データ専用 1GB
データ専用 5GB
データ専用 LTE使い放題
データ専用 ダブルフィックス

【通話プラスプラン】
通話プラス 3GB
通話プラス 5GB
通話プラス LTE使い放題
通話プラス LTE使い放題2
通話プラス ダブルフィックス
USEN MUSIC SIM

【U-mobile PREMIUM】
U-mobile PREMIUM データ専用
U-mobile PREMIUM 通話プラス

【U-mobile MAX】
U-mobile MAX 25GB データ専用
U-mobile MAX 25GB 通話プラス

モバイル通信だと月々使える通信量が限られているので、外出先にWi-Fi環境があれば、可能な限り活用した方がお得です。

U-NEXT Wi-Fiが利用できる場所は、カフェであればタリーズやプロント、ロッテリア、コンビニであればセブンイレブンやローソンなどがあります。

鉄道:西武鉄道、東武鉄道、京王電鉄、西日本鉄道、京浜急行電鉄、新京成電鉄

カフェ:タリーズ、プロント、ロッテリア、上島珈琲、カフェ・ド・クリエ

コンビニ:セブンイレブン、ローソン

商業施設・デパート:そごう、西武、アリオ、六本木ヒルズ

スーパー:イトーヨーカドー、ヨークベニマル

レストラン:デニーズ

U-mobileは未成年でも利用できるの?

U-mobileのSIMは、クレジットカードを持っていて、親権者の同意を得ている未成年者(満20歳未満)であれば契約することができますが、それ以外の未成年者は契約することはできません。

ただ、そういった未成年者でもU-mobileのSIMを利用すること自体は問題ないので、例えば、未成年者の子供がいる場合は、親名義でSIMを契約して子供に使わせるといったことは可能です。

U-mobileでは、一名義につき最大5回線まで契約することができるので、自分の分の回線の他に、家族用の回線も一緒に契約することができます。

通信量が足りなくなったらどうする?

月々付与される通信量を使い切ってしまった場合は、通信速度が最大200Kbps以下に制限されてしまいますが、通信量を追加でチャージすることによって再び高速通信を利用することができます。

通信量を追加でチャージした場合の料金と有効期限は以下の通りです。

通信量 料金 有効期限
100MB 300円 購入月の末日
500MB 500円 購入月の末日
1GB 800円 購入月の末日

※1GB=1,000MBです。

500MBと1GBが平均より安めだと思いますが、有効期限が購入月の末日となっており、翌月以降には繰り越せないので注意が必要です。

通信量を追加でチャージしたい時は、U-mobileの専用アプリで行います。

アプリを起動して「チャージ購入」でチャージしたい通信量を選択して、後はダイアログに従って手続していけばOKです。

「利用状況」で通信残量をチェックできるので、ここで月末まであとどれくらい使えるかを確認できるようになっています。

ただ、残念ながら節約モードは提供されていないようですね。

SIMのサイズ変更・再発行・プラン変更など

SIMサイズの変更

端末によってSIMのサイズがことなるので、機種変更をするとSIMサイズを変更する必要があります。SIMサイズの変更には、変更手数料として3,000円かかります。

SIMサイズの変更をすると利用不可期間が生じ、SIMサイズを変更する手続から新しいSIMが届くまでSIMを利用することはできません。

SIMの再発行

盗難・紛失もしくは破損によりSIMが利用できなくなった場合は、SIMを再発行することができますが、SIMカード交換手数料として、3,000円かかります。手数料は一回の請求ごとにかかってきます。

ただ、データSIMに関しては再発行の対象外となります。なので、データSIMが盗難にあったり、紛失・破損した場合は、一旦解約して新規で申し込みをする必要があります。

プラン変更

U-mobileでも基本的にはプラン変更はできますが、「U-mobile PREMIUM」(通話プラス/データ専用)・「U-mobile SUPER」(全プラン)・「U-mobile MAX」(通話プラス/データ専用)に関しては、プラン変更不可となっています。

また、利用開始から一定期間内に解約やプラン変更をすると、別途手数料がかかる場合があるので注意が必要です。

「LTE使い放題2」に関しては、利用開始月から11ヶ月以内に「LTE使い放題2」からプラン変更した場合、プラン変更手数料として3,500円が発生します。

「USEN MUSIC SIM」に関しては、通話プラスの「LTE使い放題」または「スマホでUSEN」の利用開始月から12ヶ月以内に終了した場合、プラン変更手数料として3,500円が発生します。

「U-mobile for iPhone」の場合は、解約やプラン変更の時期によって取り扱いが異なります。

▼開通月〜6ヶ月以内の解約、プラン変更をした場合

契約解除料を合計12,000円を支払う必要があります。内訳は以下の通りです。

  • U-mobile 通話プラス LTE 使い放題プランの契約解除料:6,000円
  • U-mobile for iPhone セットプラン解除料:6,000円

▼7ヶ月目〜12ヶ月以内の解約、プラン変更をした場合

U-mobile for iPhone セットプラン解除料として6,000円を支払う必要があります。

▼13ヶ月目以降の解約、プラン変更をした場合

契約解除料は発生しません。(解約月の基本料金は日割計算されず、2,980円が発生します)

SIM解約時の注意点

U-mobileの場合は、SIMを解約した月の翌月15日までにSIMカードを返却する必要があります。返却しなかった場合は、SIMカード1枚ごとに2,000円のSIM損害金を支払う必要があるので、解約したからといって捨ててしまわないように注意する必要があります。(SIM返送時の送料はユーザー負担です)

函館空港でプリペイドSIMの販売を開始

U-mobileは、以下のプリペイドSIMを提供しています。利用できる通信量は200MB/日となっており、日々のデータ通信利用料が200MBを超えると通信速度が200Kbps以下に制限されてしまいます。

プラン 通信量 期間 サイズ
7日プラン 200MB/日 7日間 標準SIM
microSIM
nanoSIM
15日プラン 15日間 標準SIM
microSIM
nanoSIM
30日プラン 30日間 標準SIM
microSIM
nanoSIM

魅力的なのは、利用できる通信量が日ごとに定められているという点です。これなら、旅行期間のど真ん中で通信量を使い果たしてしまって旅行の最後の方ではスマホが全く使えなくなるなんてことはなさそうですね。

このうち7日プランと15日プランの2種類が函館空港でも販売されています。SIMの価格は、7日プランが2,500円、15日プランが4,000円となっています。自動販売機で販売されるようで、来日した旅行者がすぐに利用できるように、函館空港の国際線ターミナルビル到着ロビー内に設置されています。

海外旅行先でSIMを調達しようとすると、売っている場所が分からないことはよくあることですが、この自動販売機ならすぐに見つけられそうですね(ノ)・ω・(ヾ)

これは、U-mobileのSIMとは直接関係ありませんが、日本国内でプリペイドSIMを利用したいと考えている方は参考にしてみてください。

以上、U-mobileについてまとめてきましたが、データ通信とテザリングのの使用感だけになってしまいますが(といっても、それが一番大事)、最低限の通信速度が出るので、私が想像していた以上に使いやすいと感じています。U-mobileのSIMを検討中の方は参考にしてみてください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアする

フォローする