シェアして頂けると嬉しいです!

あなたのiPhoneは大丈夫?利用頻度の高い位置情報をiPhoneに記録させない方法

iphone-frequently_used_location_information9

最近、iPhoneがデフォルト設定のままだと利用頻度の高い位置情報がiPhoneに記録されてしまうことがTwitterで話題となっています。

位置情報サービスをOFFにしておくのが一番ですが、今や位置情報サービスを利用しなければ不便になってきているので、アプリごとに位置情報の利用の有無を設定している方も多いでしょう。

アプリごとに位置情報利用の有無を設定するためには、「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」で行うことができます。例えば、写真に位置情報が記録されてしまうのを防止するために、カメラアプリでは位置情報サービスの利用を許可しないように設定することができたりします。

スポンサーリンク

デフォルトの状態だとiPhoneに記録されてしまう!

しかし、それだけでは利用頻度の高い位置情報がiPhoneに記録されてしまうので、別に設定が必要となっています。

自宅や勤務先は最も利用頻度が高いので、当然記録されてしまうことになります。

余程慎重な方でないかぎり、浮気でも大体同じ飲食店やホテルを利用することが多いでしょうから、iPhoneに記録された利用頻度の高い位置情報が原因となり浮気がバレてしまう可能性もあります。

デフォルト設定の状態で知らず知らずのうちに記録されるようになっている点が、かなり怖いところです。

管理人のiPhoneでもチェックしてみた

気になったので私もチェックしてみました。利用頻度の高い位置情報をチェックするためには、まず「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システムサービス」をタップします。

iphone-frequently_used_location_information1 iphone-frequently_used_location_information2

次に「利用頻度の高い位置情報サービス」をタップすると、iPhoneに記録されたよく利用する位置情報を確認することができます。

記録された位置情報の一つをタップすると

iphone-frequently_used_location_information3 iphone-frequently_used_location_information4

かなり細かい利用範囲が表示されてしまいます。これは怖い(°ω°)

iphone-frequently_used_location_information5

記録された位置情報を削除する方法

このままだと、誰かにパスコードを知られてしまえば利用頻度の高い位置情報がわかってしまいます。これまで記録された位置情報は「履歴を消去」をタップして削除することができます。

iphone-frequently_used_location_information6 iphone-frequently_used_location_information7

位置情報を記録しないようにする方法

今後のために利用頻度の高い位置情報が記録されてしまわないようにするためには、「利用頻度の高い位置情報」をOFFにすればOKです。

iphone-frequently_used_location_information10

設定がまだの方は、これまでの記録された位置情報を削除して「利用頻度の高い位置情報」をOFFにしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です