シェアして頂けると嬉しいです!

iPhoneからAndroidスマホに乗り換えても違和感のないキーボード設定方法

iPhoneの使いやすいキーボードに慣れていてもAndroidに違和感なく乗り換えができるキーボードの設定方法について解説します(ノ)・ω・(ヾ)

スポンサーリンク

Google日本語入力を導入

ZenFoneにはATOK for ASUSが標準の日本語入力として設定されていますが、こういう標準の入力ソフトは使いにくくカスタムもしづらいので、Google日本語入力を入れます(Googleプレイで「Google日本語入力」を検索)。

pic-googlejapaneseinput

キーボード入力の設定を変更

次にメニューから設定を開き、

pic-android-settings

言語と入力をタップ。

pic-android-gengotonyuuryoku

現在のキーボードを「日本語-Google日本語入力」にし、Google日本語入力をタップして設定に入ります。

pic-android-googlenihongonyuuryoku

レイアウトはケータイ配列のままで、ソフトウェアキーボードの詳細設定をタップ。

pic-android-softwarekeyboardsettings

入力スタイルの設定をタップ。

pic-android-nyuuryokusutairusettei

入力スタイルを「フリック入力」にします。

pic-android-furikkunyuuryoku

こうすると、例えば「あ」を3回押した場合、「ケータイ打ち」「ケータイ+フリック入力」の場合は「う」と入力されますが、フリック入力のみの場合は「あああ」と入力されます。ガラケー時代のケータイ入力を行わず高速で打ち込みをするには必須の設定です。

pic-android-googlejapaneseinput-hairetu

次に、「英字入力はQWERTY」をONにします。

pic-andoroid-googlejapaneseinput-settings2

これを設定すると、キーボードの左下の「あa」を押して日本語フリック入力から英数字入力に切り替えた時に表示されるキーボードが変わります。

pic-android-keyboardkirikae

OFFの状態ではキーボードがガラケー配置(フリックは可能)になっており、パソコンのブラインドタッチに慣れた人であれば使いづらいです。

pic-android-garake-keyboard

QWERTYがONの状態だと次のようにキーボード配列がパソコンのキーボードに近くなっており、ローマ字を入力するのに適しています。

pic-android-qwerty-keyboard

数字を入力する際には最上段の「q〜p」を上向きにフリック入力すれば数字が打ち込めます。これは切り替えいらないし便利(ノ)・ω・(ヾ)

pic-android-flicknyuuryoku

Screenshot_2016-04-16-22-58-56

キーボードの高さを最低にするとこれくらい小さくなります。表示領域を増やしたいならやっておきましょう。

pic-android-lowkeyboard-flick

pic-android-lowkeyboard

あとはキーボードを左右に詰めて表示させたりすることもできますので、自分の手に合わせてカスタマイズしてみてくださいね(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です