シェアして頂けると嬉しいです!

Bluetooth5が近々登場!転送速度が2倍、到達距離が4倍と過去最高スペックに

Bluetooth規格や技術利用に関する認証を行う団体であるSpecial Interest Group (SIG)が、ついに「Bluetooth5」を正式に発表しました(`・ω・′  )

Bluetooth5のスペックは、なんと転送速度が2倍で、到達距離が4倍になることが判明しています。

The new spec will:

・quadruple the range
・double the speed
・increase data broadcasting capacity by 800%

引用元:Bluetooth Technology Website

(訳)Bluetooth5のスペックは以下のとおりとなる見込みです。

  • 到達距離が4倍になる
  • 転送速度が2倍になる
  • 不特定多数向けに送信できるデータ容量が8倍になる

これは、驚異的だ(°ω°)

スポンサーリンク

Bluetoothテザリングが快適に使えそう

特に注目に値するのが、転送速度が2倍になることです。これで、Bluetoothテザリングがかなり快適になることが予想されます(`・ω・′  )

テザリングの方法には、USBテザリング・Wi-Fiテザリング・Bluetoothテザリングの3種類ありますが、USBテザリングは無線に対応していません。

接続 無線 速度

利便性

消費
電力
設定
難易度
USB
Wi-Fi
Bluetooth

一方、Bluetoothテザリングは無線に対応しているものの、速度が遅めで1Mbps程度しか出ません。1Mbpsが速度的にどれくらいかというと、最も混雑する平日の昼休み時間帯のMVNOの速度よりちょっと速いくらいです。スマホでインターネットやメール、SNSをするくらいであればかろうじて使えるレベルですが、テザリングだとどうしても重い作業をすることが多いので、通信環境は良くありませんでした。

また、Bluetooth4では、テザリング端末(電波を発する方の端末)と作業をしている端末がお互いに離れすぎると(10mくらい)接続が切断されることがあり、その度にペアリングをしなくちゃいけません。これが、かなり面倒くさい(°ω°)

これがBluetoothテザリングの大きなデメリットです。なので、テザリングをする際はW-Fiテザリングを使っているユーザーが多いかと思います。

しかし、Bluetooth5では転送速度が2倍になるので、速度がかなり改善されるでしょう。しかも、Bluetoothテザリングは消費電力がWi-Fiテザリングに比べて劇的に低いので、Bluetooth5に対応したスマホか何かをBluetoothに繋ぎっぱなしにしてテザリングをし続けることができます。

つまり、先ほどの表で比較すると、こうなるわけです(・ω・)

接続 無線 速度

利便性

消費
電力
設定
難易度
USB
Wi-Fi
Bluetooth
Bluetooth5

消費電力が控えめで、しかも速度が改善されるとなると、これはBluetoothテザリングを使わない手はないでしょう(`・ω・′  )

Bluetooth5のリリース時期は?

リリースの日程は明確にされていませんが、2016年末〜2017年初めにかけてリリースされる見込みであるということです。これは楽しみですね。

Bluetoothで快適にテザリングできる日が待ち遠しいです(ノ)・ω・(ヾ)

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です