シェアして頂けると嬉しいです!

【ネタバレあり】涼しくなろう!Amazonビデオで視聴できるホラー映画まとめ

7月に入ってから、だんだん暑くなってきましたね。この間東京で初めて30度を超えた日についに我慢できず、クーラーを使い始めてしまいました(°ω°)

これからの時期は熱中症の危険性もあるので、暑いのにクーラーを我慢するのは絶対にやめた方が良いかと思いますが、クーラーとの相乗効果でより暑さを吹き飛ばす方法はないものなのでしょうか…。

いや、あるはずだ!

ホラー映画を観ていると何となく涼しいと感じることがある人もいるでしょう。さすがに、室温が30℃もあればあまり効果はないかもしれませんが、気分的にちょっと涼しくなるにはホラー映画を活用するのも一つの手でしょう。

そこで、今回は、Amazonプライム・ビデオで視聴できるホラー映画をまとめました。ちょうど連休なので、外出の予定がない方はAmazonプライム・ビデオを見尽くしちゃいましょう(`・ω・′  )

今回は、怖さ度・ストーリー性・驚き度・悲しさ度・あり得る度・残酷度それぞれの項目で☆5段階評価をしてみました。評価といっても、これは管理人の独断と偏見に基づいた感想である部分が大きいので、あくまでも参考程度に留めておいてください(・ω・)

  評価内容
オススメ度 管理人(`・ω・′  )のオススメ度
怖さ度 内容・描写などから恐怖が感じられるか
ストーリー性 恐怖の内容が描写されているかどうか
驚き度 驚く場面がどれだけあるか
悲しさ度 悲しみを感じられるかどうか
あり得る度 現実的に起こりうる話であるかどうか
残酷度 残酷な場面がどれだけあるか

ホラーは、あり得ないものから現実的なものまで様々な話がありますが、現実度が増すと怖さ度もある程度増す部分があるでしょう。なので、「怖さ度」と「現実度」はある程度連動している部分があります。

ネタバレが嫌な方は、この下の目次だけチェックして視聴することをオススメします。

スポンサーリンク

ウォーキング・デッド

  評価
オススメ度 ★★★★★
怖さ度 ★★★★☆
ストーリー性 ★★★★★
驚き度 ★★★★☆
悲しさ度 ★★★★☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残酷度 ★★★★★

これは「みるにゅーす」でもさんざん紹介してきたので、もう言うまでもないかもしれませんが、まだ見ていない方は連休中に必ず観ておきたい一作です。管理人個人としては、★10個にしたいくらいです。

といっても、かなりの長編なので、連休後もウォーキング・デッドにある程度の時間を取られてしまうことを覚悟しておきましょう(`・ω・′  )

管理人も見終わるまで結構な時間がかかってしまいました…。

サプライズ

  評価
オススメ度 ★★★★★
怖さ度 ★★★★☆
ストーリー性 ★★★★☆
驚き度 ★★★☆☆
悲しさ度 ★★☆☆☆
あり得る度 ★★★☆☆
残酷度 ★★★☆☆

久しぶりに別荘に集まった仲の良い家族と招待された友人が食事を楽しんでいたところ、外から放たれた矢が友人の一人に突き刺さり死亡したことに始まり、家族や友人が何者かによって次々と殺害されていきます。

実は、その家族の中に親の遺産目当てで、そこにいる家族と友人全員を殺害することを計画していた人物がいて、招待された友人の一人である主人公が幼いころに培っていた技能をフル活用してその人物に立ち向かっていきます。

この映画では、主人公の女優さんがかなりかっこ良く描かれています。正直、最初はあまり期待していなかったのですが、観ていると意外にスリリングであっという間に終わってしまいました。

「サプライズ」という題名から、「実は、皆死んでませんでした!」っていう展開でもあるのかと思っていたのですが、違いましたね。サプライズの意味は、殺害計画のことだったようです。

デビル

  評価
オススメ度 ★★★☆☆
怖さ度 ★★★★☆
ストーリー性 ★★☆☆☆
驚き度 ★★★★☆
悲しさ度 ★☆☆☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残酷度 ★★☆☆☆

エレベーターに閉じ込められた男女が密室の中で次々と悪魔(!?)に殺害されていきます。偶然にエレベーターに載った男女には意外な共通点があり、そこに助かるための方法も隠されていました。犯人は、本当に悪魔なのか!?

初めの方はなぜ殺されているのかがわからないので、得体のしれない恐怖を味わうことができるという意味では怖さ度は高めだと思います。一応ストーリーはありますが、最後の方でやっとわかるようになっているので、「ああ、そうだったのか」という感じで終わります。

ミザリー

  評価
オススメ度 ★★★★★
怖さ度 ★★★★★
ストーリー性 ★★★★☆
驚き度 ★★★☆☆
悲しさ度 ★☆☆☆☆
あり得る度 ★★★☆☆
残酷度 ★★★☆☆

どちらかというと人間の恐ろしさを描いた作品です。

雪山に遭難した小説家が地元の住民であり、その小説家のファンでもある女性に助けられます。しばらくの間だけその女性に看病をしてもらい、その後病院に連れて行ってもらう予定でしたが、その後、女性の様子が一変し男性が外に出られないように部屋に鍵をかけ、電話線も切断した上に、男性の怪我をさらに悪化させる行為にまで及びます。

男性はその家から脱出できるのでしょうか!?

モールス

  評価
オススメ度 ★★★★☆
怖さ度 ★★★☆☆
ストーリー性 ★★★★☆
驚き度 ★★☆☆☆
悲しさ度 ★★★★☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残酷度 ★★★☆☆

いじめられっ子である少年と吸血鬼である少女との話です。吸血鬼である少女は、謎の中年男性と同居をしており、その男性が集めた血でひっそりと生活していました。その男性は、もう自分が血を集めることができないことを悟り、少女に自分の血(つまり、命)を差し出します。

その後、少女は、夜中に自分で血を集めるようになりました。その後、少年も、少女が吸血鬼であることを知ります。

少年は、少女がいじめっ子を撃退してくれたことをきっかけに、その少女と共に旅に出ます。吸血鬼は歳をとらないので(映画の設定では)、その少年もあの中年男性のようになるのかと思うと、時の流れの残酷さを感じられずにはいられませんでした。

THE FLY(ザ・フライ)

  評価
オススメ度 ★★★☆☆
怖さ度 ★★★☆☆
ストーリー性 ★★★☆☆
驚き度 ★☆☆☆☆
悲しさ度 ★★★☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残酷度 ★★★★☆

これは有名映画なので、知っている方も多いかと思います。私も子供の頃観ました。

移動の新しい原理を編み出そうとしていた研究者が、研究の途中にハエと分子レベルで融合してしまい、ハエ人間になってしまう話です。

続編のTHE FLY2(ザ・フライ2)も視聴可能となっています。

13日の金曜日

  評価
オススメ度 ★★★★☆
怖さ度 ★★★☆☆
ストーリー性 ★★☆☆☆
驚き度 ★★★☆☆
悲しさ度 ★☆☆☆☆
あり得る度 ★★☆☆☆
残酷度 ★★★★★

『13日の金曜日』も、Amazonで観れますよ(`・ω・′  )

バカンスのため友人が所有する別荘に向かった男女のグループが特徴的なお面を被ったジェイソンに次々と殺害されていくお話です。

ストーリー性はあまり高くありませんが、ジェイソンのお面が印象的なので、夢に出てきてちょっと涼しくなるかも!?有名なので、一度は観ておきたいですね。

ファイナルデッドサーキット

  評価
オススメ度 ★★★☆☆
怖さ度 ★★☆☆☆
ストーリー性 ★☆☆☆☆
驚き度 ★★★☆☆
悲しさ度 ★☆☆☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残虐度 ★★★☆☆

若い男女のグループがレース会場で観戦を楽しんでいる場面から始まりますが、あり得ないこともないけどあまりに偶然すぎる不慮の事故が続き、次々と仲間が死亡していきます。そんな事故が続く中、将来を予知することができる主人公が、事故から仲間を助け出そうとしていく様子を描いた語です。

不幸な話なのですが、事故があまりにも偶然すぎて、正直なところ、恐怖はあまり感じられませんでした。

ファイナルデッドコースター

  評価
オススメ度 ★★★☆☆
怖さ度 ★★☆☆☆
ストーリー性 ★☆☆☆☆
驚き度 ★★★☆☆
悲しさ度 ★☆☆☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残虐度 ★★★☆☆

これもファイナルデッドサーキットと同じような話ですが、初めは遊園地の場面から始まります。映画の名前の通り、初めの舞台はジェットコースターです。

あまりに偶然が重なりすぎて驚きの連続です。描写がファイナルデッドサーキットにかなり似ているので、同じ監督かなと思い調べてみたところ、違いました…。

悪魔のいけにえ

  評価
オススメ度 ★★★☆☆
怖さ度 ★★★★☆
ストーリー性 ★★☆☆☆
驚き度 ★★★★☆
悲しさ度 ★★☆☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残虐度 ★★★★☆

若い男女のグループが、グループの一人である女性が相続した人里離れた町にある屋敷へ遊びに出かけましたが、その屋敷の地下に住んでいた謎の男性が次々とそのグループを殺害していくという話です。

しかし、被相続人から相続人である女性に宛てられた手紙がきっかけで、相続人である女性とその男性の意外な関係が明らかになります。

最初の描写がかなり怖いので、管理人はその時点で観るのをやめるということを何度か繰り返した後に、最近やっと全部観れました。

SAWシリーズ(7まである)

  評価
オススメ度 ★★★★☆
怖さ度 ★★★★☆
ストーリー性 ★★★★☆
驚き度 ★★☆☆☆
悲しさ度 ★★☆☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残虐度 ★★★★★

とある共通点を持った人々が、命をかけた謎のゲームを仕掛けられていくという、かなりスリリングな映画です。ソウ(1)では、資金的な関係から製作者の一人がアダム役として出演し話題となっています。制作費が安いにもかかわらず大ヒットとなった数少ない映画です。

ソウ(3)は少々ゲーム的な要素がなくなっているのでイマイチですが、その他はストーリーとしてかなり面白いですよ。ただ、残酷な場面が多いので、ヘタレな管理人は未だに観れていないところが結構あります…。

あと、ソウ(2)以降で主人公が来ている衣装が似合いすぎです!

ポルターガイスト

  評価
オススメ度 ★★★★☆
怖さ度 ★★★★☆
ストーリー性 ★★★☆☆
驚き度 ★★★★☆
悲しさ度 ★☆☆☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残酷度 ★☆☆☆☆

格安の新居を購入し、引っ越してきた一家に不思議な現象が次々と起こり、ある日突然、次女が行方不明になってしまいます。

家族が調査をお願いした霊能者によると、実は、その家には現実の世界とは別の世界が同時に存在しており、別の世界は霊のたまり場になっていることが判明。次女はそこに連れて行かれてしまったようです。家族は、次女を別の世界から連れ戻すことができるのか!?

チャイルド・プレイ

  評価
オススメ度 ★★★★☆
怖さ度 ★★★★☆
ストーリー性 ★★★★☆
驚き度 ★★★★☆
悲しさ度 ★☆☆☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残酷度 ★★★☆☆

人形が人を殺していく話です。ホラー映画としてはかなり面白い方だと思います。

管理人は子供の頃初めてみましたが、また観たくなってもう一回借りようとしたら、一緒にレンタルショップに行った人に「どうせ借りるなら、観たことないの借りたほうが良いよ。」と言われてしまったというエピソードがあります。この時、Amazonでチャイルド・プレイが好きなだけ観れるなんて夢にも思ってませんでした(`・ω・′  )

ギフト

  評価
オススメ度 ★★★☆☆
怖さ度 ★★☆☆☆
ストーリー性 ★★☆☆☆
驚き度 ★☆☆☆☆
悲しさ度 ★★☆☆☆
あり得る度 ★☆☆☆☆
残酷度 ★☆☆☆☆

殺人事件の現場を予言した占い師が、事件に巻き込まれる話です。主に人間の恐ろしさを描いたものですが、最後には不思議な出来事が起こります。

恐怖というよりも、不思議な現象を描いた映画ですね(・ω・)

フェイシズ

  評価
オススメ度 ★★★☆☆
怖さ度 ★★★☆☆
ストーリー性 ★★★☆☆
驚き度 ★★★☆☆
悲しさ度 ★★★☆☆
あり得る度 ★★☆☆☆
残酷度 ★★☆☆☆

とある事件に遭遇したことがきっかけで顔の認識をすることができなくなった女性が刑事の操作に協力するうちに恋に落ちていく話です。ウォーキング・デッドのローリ役で出演していたサラ・ウェイン・キャリーズが全く違った感じで出演していてビックリしました。それだけでも、観る価値があるかもしれません(°ω°)

普段はあまり意識していなかったので、顔が認識できることがいかに重要かを改めて感じる事ができる作品だと思いました。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です