シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7、ホームボタンが壊れた時は画面上にホームボタンが出現することが判明

iPhone7には、ホームボタンが壊れた時はホームボタンの代わりとなるボタン(AssistiveTouch)が画面上に自動的に出現する仕様になっていることが判明しました。これにより、突然ホームボタンが使えなくなっても、ホームボタンが直るまで問題なく操作することはできそうです。

スポンサーリンク

iPhone7から感圧式ホームボタンが採用

iPhone7では、これまでの物理式ホームボタンの代わりに指の触感を認識して反応する感圧式ホームボタンが採用されていますが、この指の触感を認識してフィードバックするシステムがiOS10とつながっており、万が一ホームボタンが壊れてこのシステムが上手く動作しなくなった場合は、画面上にホームボタンの代わりとなるボタン(AssistiveTouch)が自動的に表示されるようにプログラミングされているということです。

とあるユーザーの報告から判明

このことは、あるユーザーの報告から判明しました。

そのユーザーのiPhoneは、充電中に急に電源が落ちてしまい、再起動後してみたところ、画像のようなメッセージとAssistiveTouchが表示されたということです。

iphone7-onscreen_home_button

画像では、「画面上でホームボタンをご利用頂けます」という趣旨のメッセージと共に、その下にAssistiveTouchが表示されているのが確認できます。

これまでは、ホームボタンが壊れた時は自分でAssistiveTouchを設定する必要がありましたが、iPhone7/7 Plusであれば特に何も設定せずにホームボタンを使い続けることができます。いずれはiPhoneからホームボタンがなくなると噂されていますが、次第にホームボタンがなくても済むような機能が出てきていますね。

普通に使っていれば、ホームボタンが壊れることはめったにないかと思いますが、いざという時のために知っておいても損はないでしょう(`・ω・′  )

ソース:MacRumors

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です