シェアして頂けると嬉しいです!

ZenFone Max SIMフリーの購入は待った!値下がりしたZenfone2と比較して決めるべし

ZenFone5・ZenFone2(laser)とSIMフリーAndroid端末の名機を世に送り出してきたASUSが、2016年3月中旬にZenFone Maxを発売することを発表しました。

pic-zenfonemax-asus
引用元:ZenFone Max(ASUS)

価格はビックカメラの予約可能価格で30,013円ZenFone 2 laser 並の低価格販売で、性能もそれなりのミドルスペックであり、今後MVNOで格安スマホ運用をする際のメジャー端末になりうるかとは思います。

しかし、管理人の調査によると ZenFone 2 (無印) を買った方が幸せになれるユーザーがいることが判明したので、焦って予約せずに記事を最後まで読んでくださいね。

(追記)3月11日にさらに ZenFone Go が発表され、3月下旬に発売となりました。Maxの下位機種で事実上の ZenFone 2 laser の後継機となるモデルです。ZenFone史上最安のモデルとなる可能性がありますので、低価格路線ならダントツ ZenFone Go がおすすめです。

ZenFoneGoが税別19,800円で発売決定!ZenFoneMax・2 laserと比較してみた

スポンサーリンク

ZenFone 5/2/2 laser/Maxを比較

まずはひと目でわかるように詳細スペックを比較してみよう(・ω・)ノ

端末 ZF Max

ZF 2

ZF 2 Laser ZF 5
価格 30,013円 33,800円 24,798円 完売済
OS Android5.0 Android5.0 Android5.0

Android4.4

メモリ 2GB 4GB 2GB 2GB
ストレージ 16GB 32GB 16GB 16GB
バッテリー 5,000mAh 3,000mAh 2,400mAh 2,110mAh
LTE待受 683.6時間 267時間 240.6時間 180時間
CPUコア数 クアッド クアッド クアッド クアッド
外部メモリ microSDXC microSDXC microSDXC microSDXC
画面サイズ 5.5インチ 5.5インチ 5インチ 5インチ
解像度 1280×720 1920×1080 1280×720 1280×720
液晶パネル IPS液晶 IPS液晶 IPS液晶 IPS液晶
Bluetooth 4.1 4.0 4.0 4.0
NFC対応      
無線LAN 802.11
b/g/n
802.11
b/g/n/ac
802.11
b/g/n
802.11
b/g/n
カメラ画素 1,300万 1,300万 1,300万 800万
手ぶれ補正
フラッシュ
サブカメラ
センサー 加速度
磁気

近接
電子コ
加速度
磁気

近接
電子コ
ジャイロS
加速度
磁気

近接
電子コ
加速度
磁気

近接
電子コ
GPS機能
認証機能       顔認証
デュアルSIM  
SIMサイズ microSIM microSIM microSIM microSIM
サイズ 縦77.5mm
横156mm
厚10.55mm
縦77.2mm
横152.5mm
厚10.9mm
縦71.5mm
横143.7mm
厚10.5mm
縦72.8mm
横148.2mm
厚10.34mm
重量 202g 170g 145g 145g

▼比較表(画像版)

pic-zenfonemax-hikaku

歴代ZenFoneの各スペック(仕様)を比較してみた

メモリ(RAM)・ストレージ(ROM)

ZenFone 2のメモリ(RAM)4GBモデルはストレージ容量が32GBあり、最新版のMaxはRAMが2GB・ストレージが16GBと約半分。ストレージはぶっちゃけ16GBじゃ音楽をどかっと入れたらもう一杯いっぱい…。というわけでスマホとしての基本性能はZenFone2が圧勝

ASUSさん、せめてメモリ(RAM)は4GBにしましょうよ(`・ω・′  )

バッテリー・待ち受け時間

ZenFone Maxはかなり電池の持ちの良いZenFone2の2.56倍も待ち受け時間が長く、バッテリー容量は脅威の5,000mAh!ちょっとしたモバイルブースターレベルです、これ。

ZenFone Maxは重量こそ2より32g重いものの、今モバイルバッテリーで一番人気のcheero power plus 3 が245gであることを考えると、ZenFone2にモバイルバッテリーを持ち歩くくらいならZenFone Maxを単体で持ち歩くほうが遥かに軽い!

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー  [ 国産Sanyo/Panasonic高品質電池搭載 ]  iPhone 6s / 6s Plus / 6 / 6 Plus / 5s / 5c / 5 / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応
cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

というわけでバッテリー持続時間も携帯性もZenFone Maxの圧勝!LINEくらいしかしないよ~という人はこれに決まりですな(`・ω・′  )

画面解像度

画面解像度は文字の綺麗さや動画の細かさに影響するのでかなり重要。ZenFoneは全シリーズがIPS液晶で液晶パネルの品質はかなりよいので、解像度勝負なところがあります。

そこをいくとZenFone2はフルHD(1920×1080ピクセル)なんです。解像度でいえばZenfone2の圧勝

なお、5.5インチ液晶でフルHDであればドット(細かさ)は肉眼では認識できないでしょうね。

ちなみに液晶4.7インチのiPhone6/6sで解像度は1334×750。液晶5.5インチのiPhone6 plus/6s plusでようやくフルHD。iPhoneもIPS液晶なので、ZenFone2はiPhone6sレベルの解像度の液晶ディスプレイというわけです。

OS(Android x.x)

OSに関しては5を除きAndroid 5.0 lollipop搭載。5に関してもアップデートすれば5.0になるので無問題かと思います。ただ5はもう売ってないので中古しかないですね。

Bluetooth

Bluetoothに関しては通信速度は圧倒的に3.0が速く、4.0以降になると24分の1の速度になります。しかし、4.0以降は消費電力が異常に低くほとんどバッテリー食わないも同然です。

4.0と4.1の違いは、4.1がインターネット回線に直接接続が出来るようになったという程度で、ウェアラブル端末用と言えるでしょう。4.0でもスマホレベルの利用に大差はないので問題ないかと思います。

NFC対応

ZenFone2はNFC対応ですが、同じNFCであるFeLiCa(フェリカ/おサイフケータイ)は対応していませんので、ぶっちゃけおサイフケータイには使えません。

おさいふケータイを使いたければキャリアのスマホを契約するしかないので、2でもMaxでも大差ないということです。

無線LAN規格

ZenFone2は802.11b/g/n/acに対応しているため、アンテナ搭載数にもよりますが最大伝送速度がb/g/nの中でも最も速いnよりacの方がだいたい5倍ほど高速です。

もちろんWi-Fiだけでなくインターネット回線自体がその速度に対応しているかは別ですが、ac対応の方がGbps単位の速度にもついてこれるレベルではあります。

デュアルSIM

ZenFoneで最も無駄な機能と言えるかもしれません。

日本のMVNOやキャリアのSIMを2枚差しても両者のSIMを切り替えるには切替が必要ですので、キャリアの通話SIMとMVNOのデータSIMを両方挿して使いこなす、といった使い方はできません。

というわけで別にデュアルSIM搭載でなくても問題はないといえます。

長時間簡単な作業をするならZenFone Max

いつもはほとんどLINEかグーグルマップを使うくらい。荷物はできるだけ軽くしたいし普段モバイルバッテリーを持ち歩いている、という方はZenFoneMaxがおすすめです。

めちゃくちゃバッテリーの持ちがいいため、満充電で朝でかけても夕方頃には10%切っている、というレベルの方でも、2日連続で使用できるくらいのバッテリーの持ちの良さでしょう。

モバイルバッテリーを減らせることを考えると今まで持ち歩いていたモバイルバッテリーの重さ以下でスマホを持ち運べる感覚です。これは便利!!現在予約受付中となっており、Amazonから予約できます(ビックカメラ販売)。

【国内正規品】ASUSTek ZenFone Max (SIMフリー/Android5.0.2 /5.5inch /デュアルmicroSIM /LTE /5,000mAh)(2GB/16GB) (ブラック) ZC550KL-BK16
【国内正規品】ASUSTek ZenFone Max (SIMフリー/Android5.0.2 /5.5inch /デュアルmicroSIM /LTE /5,000mAh)(2GB/16GB) (ブラック) ZC550KL-BK16

ゲームも含め使いこなすならZenFone2がおすすめ

一方、Clash of Clansのような細かいゲームをするには解像度は高いほどいいですし、ゲームをするにもメモリ(RAM)の容量は大きいほど良いので、スマホを遊びから仕事にバリバリ使いこなす方はZenFone2の方がおすすめですね。

発売してからもうすぐ1年経つので値段も安くなってきており、Maxに4千円追加すれば買えますので、管理人はこちらのほうがおすすめですね。解像度もハイスペックノートPCレベルの高さなので、綺麗さも抜群ですよ。価格コムで見たところノジマオンラインやイートレンドがおすすめです。Amazonはちょっと高くPrimeがありませんでした。

pic-zenfone2-kakakucom
引用元:kakaku.com

ZenFone 2 メモリ4GB/ストレージ32GB SIMフリー(価格.com)

とにかく安く使いたいならZenFone2 Laser

ZenFone 2 laserは安物だなあ、と思われるかもしれませんが、性能的にはMaxから電池の持ちが半分程度になった位のデメリットしかありません。液晶も5.5インチ→5インチと少し小さく145gと軽めなので、出先でほとんどスマホを使わなかったり予備的に持っていく程度であればZenfone2laserで十分なのです。ちなみに管理人もメインはiPhone6sですがサブで ZenFone 2 Laser 使ってます。Maxの予約販売価格より6千円ほど安いので、サブ機のおもちゃには最適かと思います(ノ)・ω・(ヾ)

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB ホワイト ZE500KL-WH16
エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB ホワイト ZE500KL-WH16

ZenFoneは5があまりのコスパの高さで爆発的に売れ、ZenFone2が出た時は5と異なりかなり高めに販売された経緯があるので、ZenFone系を購入する際は新製品には飛びつかずに廉価版や型落ちのものを安く買ったほうがお財布に優しいと思います(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です