Google、Android Payの提供を開始!今なら楽天Edyの初期設定で400円分のEdyプレゼント

Googleが、Android Payのサービスを2016年12月13日から開始しています。Android PayのアプリがGoogle Playストアでインストールできるようになっています(`・ω・′  )

スポンサーリンク

15種類、国内47万店舗で利用できる

クレジットカードや電子マネー、ポイントカードなどをAndroid Payに登録すると、スマホをかざすだけで支払が可能になります。アプリ上では、利用履歴や残高の確認もできます。チャージは、アプリ上でクレジットカードから行うことができますが、店舗での直接入金にも対応。

まずは、楽天Edyから提供が開始され、Android Payや楽天Edyのマークがある店舗で利用できるということです。

google-android-pay-start2

利用可能な店舗は以下の通り。

ピアゴ
ビッグカメラ
コカ・コーラ
サークルKサンクス
ドミノ・ピザ
ファミリーマート
コジマ
ローソン
100円ローソン
マツモトキヨシ
マクドナルド
ミニストップ
ソフマップ
サンクス
ヨドバシカメラ

Android Payは、OSが「Android 4.4 Kitkat」以上にアップデートされ、NFCが搭載されたスマホで利用できるということです。ただ、FeliCaが搭載されていないと利用できないという声も上がっています(ソースは、Google Japan Blog記事のコメント)。

現時点では対応しているのは楽天Edyのみですが、2017年にはフェリカネットワークスと連携してAndroid Payに対応する電子マネーを増やしていくとのこと。

今なら400円分の楽天Edyプレゼント!

2016年12月13日から2017年1月31日(火)の午前9時59分までに楽天Edyをダウンロードして初期設定すると、400円分のEdyがプレゼントされるということです。設定方法についてはこちらのページで説明されています。

なお、キャンペーン開始前に初期設定を完了している方については対象外です。キャンペーン期間内にアプリを一旦削除して設定し直しても同じなのでご注意ください。

Android Payのインストールはこちらからどうぞ!

Google JapanがAndroid Payを利用する様子を動画で公開しているので興味のある方はチェックしてみてください(`・ω・′  )

ソース:Google Japan

スポンサーリンク

シェアする

フォローする