Twitterの公式アプリからライブ配信が可能に!配信方法は?

Twitter社は、Twitterの公式アプリからライブ配信が可能になったことを発表しました。ライブ配信は、Twitterの公式アプリをバージョン6.68.1にアップデートすれば利用可能となります。

スポンサーリンク

配信方法

Twitterが持つライブ配信アプリ「Periscope」を立ち上げなくても、Twitterの公式アプリから直接ライブ配信が可能になっています。

ライブ配信をする時は、新規投稿を追加する「twitter-official-apps-how-to-live6」をタップして「ライブ」を選択します。

twitter-official-apps-how-to-live1 twitter-official-apps-how-to-live2

続いて、「確認」をタップして「OK」を選択します。

twitter-official-apps-how-to-live3 twitter-official-apps-how-to-live4

次に、ライブ配信したいものにカメラを向けて「ライブ放送する」をタップすれば配信が開始されます。

twitter-official-apps-how-to-live5

Android版アプリでも同じ方法で配信できるようになっています。

ちなみに、ライブ配信された動画は、Twitterではもちろん、Periscopeでも視聴できます。ツイートされた動画の通り、Twitterの公式アプリからでもコメントやハートも送れるようになっています。

以上、Twitterを利用中の方は、楽しい瞬間や感動の瞬間などをライブ配信で共有してみてください(`・ω・′  )

ソース:Twitter

スポンサーリンク

シェアする

フォローする