シェアして頂けると嬉しいです!

iPhoneSEの外観デザイン・質感・使用感をレビューする

iPhoneSEを購入してしばらく使ってみたので、今回はiPhoneSEの外観デザイン・質感・使用感をレビューしたいと思います。

ちなみに、iPhoneのパッケージを開ける際は、このようにカッターで4辺に切り込みを入れて底の部分のビニールだけ取り除くと、蓋の部分だけはビニールのカバーを残すことができ、箱に細かい傷がつくのを防ぐことができます。

iphone_se-package

スポンサーリンク

外観デザインは5sとほぼ同じ

外観デザインはiPhone5sとほぼ同様となっています。

色違いになってしまいますが、背面を比較するとこんな感じです。ご覧の通り、ほとんど変わりません。ただ、iPhoneSEのレンズの方が若干デカイようです。

iphone-se_iphone5s-back_design

電源ボタン・ボリュームボタンの位置や形も全く同じです。やはりカメラが出っ張っていないのが良いですね。

底はこんな感じです。ここは全く一緒ですね。

iphone-se_iphone5s-bottom

手に馴染む質感で、驚くほど持ちやすい

初めてiPhoneSEを手に持って一番最初に気がついたのが、実はこれ。iPhone5/5sに比べて、明らかに手触りが良くなっているようです。

iPhone5/5sが手元にあったので、実際に触り心地を比べてみると、5/5sはエッジ部分は光沢が出るくらい念入りに削られているのに対し、iPhoneSEのエッジ部分も面取りはされているものの、光沢が出る程削られてはいないようで、5/5sにあるような金属っぽさが軽減されているようです。

5s以前のiPhoneをお持ちの方は、実際に持って比べてみてください。

iPhone6sよりは遥かに軽い

端末のコンパクトさを重視するのであれば、iPhoneSEをオススメします。

iPhoneSEの重さは113gとなっており、112gであるiPhone5sに比べ若干重くなっているものの、上述の通りSEは5sに比べてかなり持ちやすくなっているので、その分、心なしかiPhoneSEの方が軽く感じます。

iPhone6sを使用していた頃は、寝転がった状態で長時間iPhoneを操作していると腕が痛くなることがありましたが、SEを使用し始めてからはそういったことはほぼなくなりました。

普段の持ち運びには良い

iPhone6sに比べて画面が4インチと小さめなので、場合によっては画面が見づらくなることがあります。画面が小さくて見づらいと感じている方は、文字のサイズを小さめにすると良いでしょう。画面に表示される情報が増えてかなり見やすくなります。

iPhoneSEの文字を小さくして画面に表示させる文字数を増やす方法

また、画面に表示されるアプリもiPhone6sに比べると少なめです。左がiPhone6s、右がiPhoneSEのホーム画面ですが、iPhoneSEのホーム画面に表示されるアプリの数は6sに比べて4個(1行分)少なくなっています。

iphone6s-home_screen iphone_se-home_screen

iPhoneSEは画面が小さい分、表示されるものも全体的に小さめになっています。例えば、LINEスタンプは、iPhone6sで表示した場合に比べて若干小さくなります。

マンガだとこんな感じで、読めなくはないですね。もちろん、漫画によっては読みづらいものもあるでしょう。

iphone_se-ganma_reset_game

ちなみに、これは漫画アプリ「GANMA」で配信されている「リセットゲーム」の1ページです。かなり面白いので、気になる方はアプリをダウンロードしてチェックしてみてください。ちなみに、無料ですよ。

GANMA! – リセットゲーム

もっとも端末はコンパクトなので、ポケットに入りやすく、一方の手が塞がった状態でも片手で操作することもできるので、特に外出先では使いやすさを実感できるでしょう。

ただ一旦iPhone6以降のサイズに慣れてしまったユーザーの中には、実際にiPhoneSEを購入してみるとiPhone6以降の良さに気がついてしまうといったこともあるようです。

動きもスムーズ!

iPhoneSEには、最新機種であるiPhone6s / 6s Plusと同じA9/M9チップが搭載されており、A7/M7チップが搭載された5sに比べて処理速度が大幅に向上しています。

といっても、5sもそれなりに速いので普段の利用ではあまり気にならないと思います。

6s程度の性能のiPhoneを低価格でGETできる

iPhoneSEは、これまで発売されたiPhoneの中でも、コストパフォーマンスが高いといわれています。

iPhoneSEは最新機種である6sとほぼ同じ性能を有しているにもかかわらず、販売価格は16GBが52,800円、64GBが64,800円となっており、特に16GBの価格の安さは注目に値します。おそらくこの価格は、歴代iPhoneの中でも最安値ではないでしょうか。

といっても、最低限の用事でしかiPhoneを使うことがないというユーザーでない限り、購入するのであれば64GBモデルの方が良いでしょう。

というのは、長い間スマートフォンを利用していると、どうしても写真や音楽のデータは増えてきますし、iPhoneはAndroidスマホと異なり、SDカードで容量を増やすことができないので、16GBモデルだと本当に16GBの中でやりくりしていかなければなりません。

ストレージを選ぶ際は、普段の利用状況を十分に考慮することをオススメします。

背面のデザインがお洒落

iPhoneSEの背面のデザインが良い感じなので、iPhoneケースは背面のデザインが活かされたものにすることをオススメします。(もちろん、好みもあるでしょうけど)

ちなみに、管理人はこのケースを購入しました。

JETech iPhone SE 5 5s ケース 衝撃吸収バンパー アンチスクラッチ クリア (ブラック)

jetech-phone_case_for_iphone_se1

側面はこんな感じです。側面の素材は、値段相応という感じです。

jetech-phone_case_for_iphone_se2

いざという時のために、この保護ガラスも貼っておきました。

NEWLOGIC 【 iPhoneSE / iPhone5 / iPhone5s / iPhone5c】 C-Glass 0.2 mm 保護ガラス (硬度 9H) 液晶保護 フィルム

この保護ガラスには、貼る前の掃除に役立つウェットティッシュ・ドライティッシュ・マイクロファイバーの布、ホコリ取り用のシール(青)もついています。

guard_glass_for_iphone-se

保護ガラスの貼り付けでは事前の掃除が結構重要になってくるので、これは結構オススメです。

以上、ご活用ください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です