シェアして頂けると嬉しいです!

【MVNO】子供にスマホを買い与えるならiPhone5/5sにUQmobileの音声SIMがおすすめな9つの理由

pic-boy-in-the-outside

子供にスマホを買い与えようと考えている方は多いと思いますが、世の中に出回っているスマホの種類は非常に多く、選んでいるうちに結局どれが良いか迷ってしまう方も多いでしょう。

まず、iPhoneにするのか、Android端末にするのかという点が大きな悩みどころです。iPhoneの使いやすさはデザインの良さには定評がありますが、新品だと10万円近くと高額である一方、Android携帯は2〜3万円と比較的低価格ですが、iPhoneと比較した場合は使いやすさやデザインの点で見劣りしている部分があります。

また可能な限り通信料金を抑えるためにMVNOの格安SIMを検討している方も多いでしょうが、一口にMVNOといっても多くの種類のSIMが存在する上に、通信速度も実際に使ってみないと分からないところがあるので、この点も悩みどころだと思います。

格安であると話題のMVNOのSIMカードって実際どうなの?

管理人も今までいくつかのMVNOの格安SIMを使ってきましたが、その範囲でいうとiPhone5/5sとUQmobileのSIMの組み合わせをオススメしたいと思います。

今回は、子供に持たせるスマホとSIMにはiPhone5/5sとUQmobileのSIMの組み合わせが良い理由について共有したいと思います。

スポンサーリンク

iPhone5/5sが良い理由

1.iPhoneだと子供に喜ばれる

Android携帯は価格の安さからどうしても安っぽい感じがしてしまう上に、種類も多数存在し、デザインや大きさもメーカーによって大きく異なるので、好き嫌いがはっきり別れてしまう可能性が高いです。

一方iPhoneであれば、子供に喜ばれる可能性が高いでしょう。

というのも、最近娘にMVNOのSIMを入れたAndroid端末を与えたら泣かれてしまったというニュースが話題となりましたが、iPhoneのクールでカッコいいというイメージから、未だ多くのユーザーがiPhoneを好む傾向にあり、それは多くの子供も例外ではないでしょう。

またひどい話ですが、iPhoneじゃないと仲間に入れてもらえないとか、イジメのような経験をしてしまう、などといった話もあります。一昔前であれば流行りの玩具を持っていないと仲間はずれにされるといった話がありましたが、それと同様の現象がスマホで起きているといえます。

もちろん大前提として仲間はずれ自体がなくならないのかといった問題は確かにありますが、実際にそういった形の仲間はずれが存在している以上、子供がiPhoneを欲しがるのはもちろん、やはり親としても子供にはiPhoneを買ってあげたいと思っている方は多いでしょう。

確かに現状でもiPhone限定のアプリが存在する点も大きな理由となっているでしょうね。ただ原因はそれだけではなさそうで、問題の根はちょっと深そうです。

ただiPhoneは新モデルとなると価格は10万円近くとなり、家族全員で揃えるとなると一度に数十万円もの出費になってしまうので、購入するのはなかなか難しいと考えている世帯も多いと思います。

2.iPhone5/5sは旧モデルなので価格も安め

最新のiPhoneを購入するのが厳しいという場合は、iPhone5/5sといった旧モデルのiPhoneを購入するのも十分ありだと思います。

特にiPhone5/5sであれば2年以上前のモデルなので価格も大分下がってきており、比較的綺麗な商品でもヤフオクでは2万前後で取引されています。

children-iphone_uqmobile1
引用元:オークファンの検索結果

2万円前後となると、Android端末の中でもかなり人気のあるZenFone 2 LaserやP8liteと同じくらいの価格です。2万円前後で子供が喜ぶiPhoneが買い与えられるのであれば、かなり安い買い物ではないでしょうか。

3.ちょうど手に収まるサイズで使いやすい

また周知の通り、iPhoneはiPhone6シリーズからスクリーンの大画面化が施され、一定数のユーザーからは大きすぎて持ちづらいといった声が上がっています。

iPhone5/5sはスクリーンの大画面化がされる前のモデルなので、このように手に収まるサイズで片手でも簡単に操作できますよ。

children-iphone_uqmobile2

4.UQmobileのSIMに対応

またSIMフリーのiPhoneであればもちろん、auで契約したiPhoneでも、通信速度が速いと話題のUQmobileのSIMを使うことができます。

UQmobileはiOS9に対応したAPN構成プロファイルの提供を開始したので、既にiOS9にアップデートされているiPhone5/5sでもUQmobileのSIMを使うことができます。

UQmobileがiOS9用のAPN構成プロファイルを公開 iOS9にアップデートしてしまったauのiPhone5/5sを活用可能に

管理人もiPhone5sにUQmobileのSIMを入れて使っていますが、たまに通信環境が不安定になることがあるものの、概ね問題なく利用できています。

UQmobileのSIMが良い理由

5.通信速度が速く安定している

またUQmobileの通信速度の速さには定評があり、私自身も今までUQmobileのSIMを利用してきた結果と通信速度を計測した結果から、MVNOであればUQmobileをオススメします。

【MVNO】土曜日の山手線沿線でIIJmio・DMM・UQ・SB4社の実測通信速度を計測してみた!

しかも月々3GBのデータ通信が可能となっているので、インターネットやLINE、Twitter程度であれば十分足りるでしょう。

もっともiPhoneで動画視聴やゲームをする予定がある場合でも、自宅のWi-Fiを使えば問題なしだと思います。

6.通話SIMであれば緊急通報にも対応

MVNOの通話SIMは緊急通報(110・118・119)に対応しているので、12ヶ月の最低利用期間が課されることにはなりますが、いざという時に備えて通話SIMを契約することをオススメします。

これだけLINEが流行っている状況からすると、10代の子供であれば連絡手段はほとんどLINEという場合が多いでしょうから、キャリアのような通話し放題プランは必要ないと思われます。

050プラスやLINE Outといった格安の通話サービスも存在しますが、残念ながら緊急通報には対応していないようです。

契約を検討しているユーザーは多いようですが、緊急通報に対応していないという点がネックとなってしまっているようです。子供に万が一のことがあったときに警察や救急に連絡ができないというのはかなり心配です


7.月々の通信料金が安い

今年の2月から実質0円やCB(キャッシュバック)といったMNPを優遇するキャンペーンが廃止されてしまいましたが、キャンペーンなしとなると月々の通信料金に5,000円超、iPhoneの購入に8万円程度もかかってしまいます。

一方UQmobileの3GBプランであれば月々の通信料金は2,000円もかからず、端末の購入にかかる代金はわずか2万円前後です。

UQmobile – SIM単体の料金プラン

8.「iPhoneを探す」が利用可能

18歳の少女が元彼氏に誘拐された事件で、少女の母親が「iPhoneを探す(Find iPhone)」を使って追跡情報を取得したのが功を奏し、誘拐された少女は無事警察によって救出されたという話が話題となっています。

Police rescue kidnapped teenage girl after mother locates her using Find My iPhone

An 18-year-old girl reportedly kidnapped by her ex-boyfriend has been safely rescued by police after her mother tracked her location using Find My iPhone.

「iPhoneを探す」の利便性には定評があり、いざという時にiPhoneの正確な位置を示してくれるだけでなく、iPhone内のデータが悪用されることを防ぐ機能まで用意されています。

利用方法はこちらで公開していますので、気になる方はチェックしてみてください。

「iPhoneを探す」でMacBookからiPhoneを探す方法

Android携帯にも似たような機能を提供しているアプリが存在しますが、「iPhoneを探す」はその名の通りiPhoneでしか利用することができません

Androidデバイスマネージャーを使って、PCからAndroid携帯を探す方法

いざという時に子供の安全を素早く確保することができるので、その点でも安心でしょう。

9.LINEの本人確認ができない

MVNOの格安SIMを利用している場合、LINEの本人確認をすることができません。なのでアカウントがID検索結果に表示されない上に、自分でID検索をして友達を探したりすることができません

といっても子供名義で契約するのであればそもそも認証すらできないので、MVNOだからできなくなるというものでもありません。

逆にID検索できないからこそ、事件に巻き込まれる可能性低くなるという点では良い思います。ネットで知り合った相手とLINEで連絡を取るといった場合、ID検索ができないと「招待」「QRコード」「ふるふる」で招待することになりますが、ふるふるの場合Bluetooth通信での連絡先交換なので遠方では不可能です。QRコードを相手のPCメールに送信し、PCに表示させて携帯で読み込む、招待ならE-Mailを携帯に送るという方法で相手に連絡先を伝えることはできますが、どれも一手間かかります。

自分のLINEアカウントを友達と簡単に共有する方法

MVNOの格安SIMのユーザーがLINEで友達を追加する方法

したがって、ネットの掲示板にIDを投稿して不特定多数のネット上の人物と子供がつながったりすることは防止できます(招待URLをネット上に公開した場合は別です)。

まとめ

学生であれば仕事でお客さんに電話をかけるといった使い方はしないのでカケホーダイは不要ですし、LINEやスマホゲームをする程度であれば通信容量も3GBで十分です。むしろ通信容量に歯止めをかけることでスマホ中毒にならずに済むのではないかと思います。

あとは子どもと話し合って、お小遣いの金額と相談しながらiPhone6や最新機種の6sにしてもいいですね(ノ)・ω・(ヾ)

UQ mobile データ高速+音声通話プラン

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!