シェアして頂けると嬉しいです!

次期Apple Pencilでは数種類のペン先が登場し、消しゴムやTouch IDの機能も搭載される見通し

Phone Arenaは、米国特許商標庁(USPTO)によって公開された特許情報によると、次期Apple Pencilでは数種類のペン先が登場するのに加え、新たに消しゴムやTouch IDの機能が搭載される可能性があると伝えています。

Next Apple Pencil may have interchangeable tips and an eraser

apple_pencil_with_package

スポンサーリンク

数種類のペン先が登場

現行のApple Pencilでは、ペン先が古くなったら新しいものに交換することができる程度ですが、次期モデルでは複数の種類のペン先が用意され、ユーザーは書きたいものに応じてペン先を使い分けることが可能となるということです。

If Apple were to institute all of the features in the patents, the various nibs would range from standard tips like a felt-tip pen, to more complex options like a force-sensing bristle brush tip or even a motion-tracking camera.

具体的には、標準のフェルトペンに加え、威圧タッチ機能を搭載したブラシペンやモーショントラッキング機能付きのカメラが搭載されたペンなどが用意されるということです。

最も求められていた消しゴム機能も追加

また、次期Apple Pencilには消しゴム機能が搭載され、誤って書いた部分を削除する作業がよりスムーズになりそうです。

Apple likes to take its time with updates, but word has it that the next Apple Pencil will have a couple nice changes, one of which is the most requested feature: an eraser (because you’re allowed to make mistakes).

Apple Pencilは他のタッチペンに比べて書きやすいと好評ではありますが、価格は12,744円(税込)とタッチペンの中でも比較的高額であるにもかかわらず、搭載されている機能は少なめです。

特に消しゴム機能に関しては、搭載を求めているユーザーも多いようです。





Touch IDの搭載でロック解除がスムーズに

さらに、Touch IDの機能が搭載されることにより、Apple Pencilを持ち上げるだけでロック解除が可能になるということです。

The patents also mention the possibility of adding Touch ID to the Pencil, presumably so you can unlock your device just by picking up the Pencil (and also so the device can “justify” its cost?)

確かに、Apple Pencilを使ってiPad Proを操作することが多いユーザーにとっては、わざわざ手で操作してロックを解除するよりも、Apple Pencilを使って解除できた方がよりスムーズでしょうね。

もっとも、Phone Arenaは少なくとも消しゴム機能に関しては次期Apple Pencilに実装されるだろうとしつつ、他の2機能に関しては可能性としては若干低いと予測しています。

We’d assume the eraser feature will be in the next Pencil at the least, but the other options are less likely.

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です