シェアして頂けると嬉しいです!

2017年に10.5インチのiPad Proが登場!?メジャーアップデートは2018年になる見通し

Apple社は、12.9インチ/9.7インチのiPad Proに引き続き、12.9インチのiPad Pro 2を発表するのではないかと噂されていますが、それに加えて10.5インチのiPad Proと9.7インチの新モデルもリリースする見通しであることがわかりました。

スポンサーリンク

TSMC社製のA10Xチップ搭載か?

Appleinsiderが報じているKGI証券のMing-Chi Kuo氏の予測によると、2017年には12.9インチのiPad Pro 2に加えて、10.5インチと9.7インチのiPad Proも登場する見通しです。9.7インチのiPad Proは廉価版となるようです。

プロセッサには、12.9インチ/10.5インチモデルにはA10Xチップ、9.7インチモデルにはA9Xチップが搭載される見込みです。これが事実であれば、来年は計3モデルiPadが新たに登場することになり、例年に比べ豪華な発表となりそうです。

ただ、メジャーアップデートは2018年に持ち越される見通しで、AMOLED(有機EL)ディスプレイが搭載され、デザインや性能面で大幅な改善がされると期待されています。

iPad miniは継続の可能性あり?

iPadで10.5インチモデルが登場するのは初めてですが、実際に9.7インチモデルは小さすぎるという声もチラホラあるようなので、そう考えているユーザーには朗報といえるでしょう。



一時期、7.9インチのiPad Proが登場する代わりに、iPad mini 2/iPad mini4は在庫がなくなり次第販売終了になるという噂が流れ、現時点でもその見方が有力ですが、9.7インチモデルが廉価版として発売されるとなると、将来的にiPad miniの客層はこの廉価版で取り込む方針なのかもしれません。

iPadに関するこれまでの噂の動向からすると、Apple社は、iPhoneに引き続き、iPadについても大型化を計画しているようにも見えます。今後も、続報を期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です