2017年発売のiPad Proの新サイズは10.5インチになる可能性大!?

2017年に新サイズが発売予定と噂されるiPad Proですが、新サイズが10.5インチになる可能性が濃厚となっています。これまでもサイズ面で情報が錯綜していたので、もちろんまだ確定情報ではありませんが、10.5インチになる理由がかなり納得できるものとなっています(`・ω・′  )

スポンサーリンク

10.5インチモデルは12.9インチと同じ解像度に

10.5インチiPad Proは12.9インチiPad Proと同じ解像度(2,732×2,048)となり、iPad miniと同じピクセル密度(326 ppi)になり、iPad mini 4の画面の高さは10.5インチの画面の幅と丁度同じになります。

Appleのマーケティング担当上級副社長は、2015年9月のスペシャルイベントで9.7インチiPad Proの画面の高さは12.9インチの画面の幅がちょうど同じサイズなので、9.7インチiPad Pro用のアプリを2つ同時に表示させることができると紹介していました。

それと同じ理屈で、iPad mini 4の高さがちょうど収まるのは10.5インチなので、新iPad Proのサイズは10.5インチになる可能性が高いということです。

これまでも、新iPad Proのサイズに関するリーク情報が出ており10.9インチや10インチが候補に挙がっているので、もちろん確定情報ではありませんが、今回のリーク情報はかなり信憑性がありそうですね。

ソース:Dan Provost

スポンサーリンク

シェアする

フォローする