シェアして頂けると嬉しいです!

速度制限なしの格安SIMはどれ?MVNO各社の速度制限まとめ

MVNOの格安SIMの速度制限には、主に、(1)データ通信量を使い切った場合にされる速度制限と(2)3日間のデータ通信利用量が規定の通信量を超過した場合にされる速度制限と、(3)動画視聴やファイルのダウンロードなど、大量の通信量が必要となるような通信が確認され、それが他のユーザーに影響を与えると判断された場合などに個別にされる速度制限の3種類があります。

基本的には、データ通信量を使い切った場合、どのSIMでも速度制限がされて最大通信速度が200Kbpsになってしまいます。つまり、(1)の制限はどのSIMでも設けられています。

一方、それ以外の(2)と(3)の速度制限に関しては、SIMによって設けられている場合とそうでない場合があります。

そこで、今回は、主に(2)と(3)の速度制限がないSIM・(2)や(3)の速度制限がされる場合があるSIM・(2)や(3)の速度制限が必ずされるSIMをまとめました(`・ω・′  )

ちなみに、明確な制限基準値が公開されていないSIMもあるので、それについてもまとめています。

スポンサーリンク

速度制限されるとどうなる?

月々のデータ通信利用量を使い切って速度制限がされ、最大通信速度が200Kbpsになってしまうと、インターネットやTwitter、LINE、FaceBookといったSNS、メールの送受信がかろうじて可能な程度で、アプリのダウンロードや動画視聴といった重い作業はほぼ不可能となります。

追加費用がかかってしまいますが、月々の通信量を使い切ってしまった場合でも、通信量を追加チャージすれば速度制限から逃れることができます。

一方、3日間に規定の通信量をオーバーした場合にされる速度制限は、月々利用可能なデータ通信利用量を使い切っていなくてもされるので、基本的には速度制限から逃れることはできません。

しかも、この3日制限は、通常の低速通信(最大200Kbps)に比べて強めであることがあるので、インターネットすらかなり遅くなり、状況によってはほぼ何もできなくなってしまうこともあります。

というわけで、この3日制限を受けないように格安SIMを利用することが重要です(`・ω・′  )

速度制限のないSIM

mineo、FREETEL、BIGLOBE(ライトSプラン、12ギガプランに限る)、OCNモバイルONE、ぷららモバイルLTEでは、月々の通信量を超えると低速通信(最大200Kbps)になる速度制限以外には、速度制限は設けられていません。

ただし、mineoのAプラン(auプラン)の場合は、3日間で3GB以上のデータ通信を利用すると速度制限されるという噂があります。

あと、FREETELの月々無制限にデータ通信が可能である「使った分だけ安心プラン」では、月々のデータ通信利用量が10GBを超えると、通信速度が最大200Kbpsに制限されるということです。

速度制限される場合があるSIM

DMMmobile

DMMmobileの場合は、高速通信時(下り最大375Mbps、上り最大50Mbps)にされる速度制限はありませんが、低速通信時(最大200Kbps)では、3日間の通信量が366MB(約300万パケット)を超えた場合、速度制限をする場合があるということです。

SIMカードごとに、高速通信超過時や高速通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。

引用元:DMM mobile プラン・月額料金

今回、各MVNOの速度制限を調べた感じでは、DMMmobileのような速度制限を設けているMVNOが比較的多いように思います。

UQmobile

直近3日間のデータ通信利用量が3GB以上となった場合、速度制限される場合があるようです。

ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(0~24時までを1日とし、当日を含む直近3日間の通信量)に3GB以上のご利用があったお客様の通信速度を制限させていただく場合があります。制限速度は混雑状況に応じて変動します。

引用元:SIM単体の料金プラン(UQmobile)

そもそも、UQmobileの場合は、3GBプランか無制限プランしかないので、3GBプランを契約するようなユーザーが3日間で3GBも使ってしまうことは、余程集中的に使い過ぎない限り、ほぼないかと思います。

BIGLOBE

BIGLOBEの場合は、ライトSプランと12ギガプランには速度制限はありませんが、音声通話スタートプランとエントリープラン(データSIM/音声通話SIM)では、3日間のデータ通信利用量が以下の量に達した場合は速度制限されます。

  規定通信量
音声通話スタートプラン 200MB
エントリープラン 600MB

引用元:BIGLOBE SIMの料金体系

ちなみに、音声通話スタートプランでは月々1GB、エントリープランでは月々3GBの通信が可能です。他社よりは若干緩めだと思います。

BIGLOBEの場合は、ヘビーユーザー向けプランでは3日間当たりの速度制限が設けられていないというのがありがたいですよね(ノ)・ω・(ヾ)

Panasonic SIM(Wonderlink)

月々3GBのデータ通信が可能なLTE Iシリーズでは、データ通信利用量が3GBを超過した低速通信時の通信量が3日間で366MBを超える場合は速度制限される場合があるということです。

月間上限容量超過後、直近3日後の通信量が366MBを超過する場合は、速度制限をする場合があります。

引用元:LTE-I-3Gシングル(旧 LTE-I-2Gシングル)(Wonderlink)

あくまでも月々の通信量を使い切った後にされる制限なので、比較的緩めですね(・ω・)

使い放題プランであるLTE Fシリーズでは、24時間の通信量が1GBを超過した場合に速度制限される場合があるということです。

月間容量制限を超えなくても、直近1日(24時間)の通信量が1GBを超過した場合は、ネットワークの状況により速度制限をする場合があります。 

引用元:LTE F-シリーズ (F-使い放題700)(Wonderlink)

となると、速度制限されずに利用できる最大通信量は30GBくらいということになりますね。スマホで、毎日1GBも利用する人は滅多にいないでしょうけど…。

NifMo

NifMoの場合は、月々のデータ通信利用量を使い切った場合の他に、3日間のデータ通信利用量が以下を超えた場合は、通信速度が200Kbpsに制限されます。

  • 3GBプラン:650MB
  • 5GBプラン:1,100MB
  • 10GBプラン:2,200MB

※この速度制限は、3日間のデータ通信利用量が上記規定値を下回った時に解除されます。

制限速度が最大200Kbpsと明記されていることから、低速通信のようにインターネットやSNS、メールのやり取り程度であればかろうじて可能であるようです。そういう意味では、他社より緩めといえるでしょう。

SMS対応SIMや音声通話対応SIMの取り扱いも同様です。

月間のデータ通信容量が基準値(3GBプラン:3GB/月、5GBプラン:5GB/月、10GBプラン:10GB/月)および直近3日間の通信利用量の基準値(3GBプラン:650MB、5GBプラン:1,100MB、10GBプラン:2,200MB)を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限します。通信速度の制限は月間データ通信容量の場合には翌月、直近3日間の通信利用量の場合には通信利用量が先の上限を下回った場合に制限が解除されます。

引用元:データ通信専用SIMカード(NifMo)

他にも、大量のデータ通信量が必要となるような、動画再生やファイルのダウンロードをした場合などに通信速度が制限される場合があるということです。

動画ファイルの添付、ファイルのダウンロードなど、大量のデータの送受信や、ストリーミング、 動画再生などの連続したデータを送受信した場合、通信速度を制限、または切断する場合があります。

基準値が明確ではありませんが、常識的な範囲で利用している限りは制限を受けることはないかと思います。

G-Phone

3日間の通信量が500MBを超過した場合に速度制限される場合があります。G-Phoneは、ちょっとだけ他社より緩めですね(・ω・)

直近3日間のデータ通信が500MBを超過した場合、通信速度を制限する場合があります。

引用元:サービスプラン(G-Phone)

イオンモバイル

イオンモバイルの場合は、低速通信時に3日間の通信利用量が366MBを超えた場合に、速度制限をされることがあります。平均的な制限ですね(・ω・)

最大200kbpsでの通信時で、3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。

引用元:料金プラン一覧(イオンモバイル)

エキサイトモバイル

低速通信時(最大200Kbps)で、3日間の通信利用量が366MB(約300万パケット)を超えた場合は、速度制限される場合があります。こちらも平均的です(・ω・)

高速データ通信容量超過時や高速データ通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMを使った通信の速度を制限する場合があります。

引用元:料金プラン(exciteモバイル)

必ず速度制限がされるSIM

楽天モバイル

3日間のデータ通信利用量が、各プランで以下の通信量を超えると200Kbpsに速度制限されます。

  • 3.1GBプラン:540MB
  • 5GBプラン:1GB
  • 10GBプラン:1.7GB

各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信速度制限がございます。3日間制限中の通信量も繰り越し容量、高速通信容量、高速通信容量追加パックが消費されます。

引用元:料金(楽天モバイル)

楽天モバイルも、他社に比べて若干緩めですね(・ω・)

So-net

LTE SIM+ ライト(3GB)の場合は、3日間のデータ通信利用量が366MBに達した場合、深夜から翌朝にかけて、通信速度が300Kbpsに制限されます。

3日間の合計データ通信量が360MBに達した場合、翌深夜から朝方にかけて通信速度が300kbpsに制限されます。

引用元:LTE SIM+ ライト(So-net)

制限速度が300Kbpsと明記されているのは珍しいですね。最大200Kbpsの低速通信に比べたら、若干通信環境が良い場合がありそうです。

LTE SIM+ データフル(無制限)では、利用当日のデータ通信利用量が360MBに達した場合、深夜から翌朝にかけて通信速度が300Kbpsに制限されます。

ご利用当日のデータ通信量が360MBに達した場合、翌深夜から朝方にかけて通信速度が300kbpsに制限されます。

引用元:LTE SIM+ データフル(So-net)

速度制限の基準が明確でないSIM

速度制限の基準は示されていますが、明確な基準値を公表していないMVNOもあります。U-mobile・TONEモバイル・ワイヤレスゲート・b-mobile・NifMoでは、以下のような利用が確認された場合に、速度制限をする場合があると公表しています。

  速度制限される可能性がある利用方法
U-mobile 他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間での大容量データの送受信 ※1
引用元:データ専用プラン(U-mobile)
TONE 短期間における大量通信や長時間通信
引用元:サービス・料金(TONEモバイル)
ワイヤレスゲート

■動画再生やファイル交換(P2P)アプリケーション等、帯域を継続的かつ大量に占有する通信手段を用いて行われるデータ通信
■他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間かつ大容量のダウンロード
引用元:Q. 速度制限(帯域制限)をしていますか?(ワイヤレスゲート)

b-mobile 大容量のダウンロード及びストリーミングでの連続通信
引用元:プラン・料金について(b-mobile)
NifMo 動画ファイルの添付、ファイルのダウンロードなど、大量のデータの送受信や、ストリーミング、 動画再生などの連続したデータを送受信
引用元:データ通信専用SIMカード(NifMo)

※1 音声通話SIMも同様です。

TONEモバイルでは、月額1,000円の基本料金で無制限のデータ通信が可能で通話もできる(別途料金がかかる)というシンプルなプランとなっていますが、上記の条件に該当した場合は速度制限をする場合があると明記されています。

ワイヤレスゲートの場合は、上記のような利用が確認された場合に、個別に250Kbps以下に速度が制限される場合があるということです。

全体的には、短時間または長時間に渡って大量の通信量を消費している場合が多いようです。特に動画視聴・サイズの大きなファイルのダウンロードなどの重い作業をすることが多いユーザーは注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です