シェアして頂けると嬉しいです!

LINEを安全に利用するための基本設定4選

最近のアップデートにより、友達検索のキーワードに電話番号が追加されました。これにより、相手の電話番号さえ知っていれば検索にヒットし友達に追加することが可能となるので、それについて恐怖を感じているLINEユーザーも多いようです。

電話番号の検索にヒットする条件は、年齢確認を済ませている18歳以上のユーザーであって、電話番号がLINEに登録されていることです。

LINE側は、今回のアップデートで電話番号による友だち検索機能を可能にした理由として、アドレス帳とプライベート用のLINEを連携させたくないユーザーに配慮するためと述べていますが、電話番号はIDと異なり番号の羅列に過ぎないので、適当に検索したり、誤った番号で検索された場合でも、全く関係のない他人が友達として追加されてしまうおそれがあります。

友達になってしまうと、友達以外のメッセージの受信拒否設定をしているユーザーにもメッセージを送ることが可能になるので、この機能が何らかの形で悪用されてしまう可能性もあり得ます。

また、LINEがユーザーの電話帳を読み込んで、そこに登録された電話番号を所有するLINEユーザーが自動的に友達に追加されてしまうという機能もあります。この場合、電話やメール中心で連絡を取ることにしていた友人に、自分がLINEをしていることがバレてしまいます。

さらに、LINEで友達以外からのメッセージの受信拒否設定がされていない場合は、友達以外からメッセージも受信してしまう可能性があります。LINEのやり取りがきっかけで事件に発展する可能性もあるので、友達以外からのメッセージの受信拒否設定をして対処しておくことが重要です。

あと、iPhoneやスマートフォンを紛失したり、盗難にあった場合にも、見ず知らずの他人があなたのLINEアカウントに勝手にアクセスして、悪用されてしまうおそれがあります。これを防ぐために、LINE専用の「Touch ID(指紋認証)」やパスコードロックを設定してしておくことをオススメします。

今回は、これら4つの状況に応じた対処法について書きたいと思います。

スポンサーリンク

「IDで友だち追加を許可」をOFFにする

「IDで友だち追加を許可」をOFFにしておくと、電話番号検索で自分のIDがヒットすることがなくなるので、勝手に友達として追加されることを防ぐことができます。

設定方法は、LINEの「・・・」ボタン→「設定」→「プライバシー管理」をタップして、「IDで友だち追加を許可」をOFFにするだけです。

line-privacy_management1

友だちが自働で追加される機能をOFFにする

次に、LINEが電話帳の情報を読み込んで、そこに登録されたLINEユーザーを友達に追加する機能をOFFにすることもできます。

設定は、「・・・」ボタン→「設定」→「友だち」をタップして、「友だち追加」と「友だちへの追加を許可」をOFFにして完了です。

line-privacy_management2

管理人も、iPhoneを買い替えた時に、新しいiPhoneでダウンロードしたLINEの設定がONになっていたために、電話番号とメールアドレスしか教えていなかった何人かの友人のIDが自動的に追加されてしまっていました(笑)

今回友達だったので良かったですが、これが仕事関係の人だったらちょっと気まずいですよね。

皆さんも気をつけましょう!

「メッセージ受信拒否」設定をする

友達以外からのメッセージの受信を拒否することもできます。

設定は、「・・・」ボタン→「設定」→「プライバシー管理」をタップして、「メッセージ受信拒否」をONにして完了です。

line-privacy_management3

「Touch ID(指紋認証)」や「パスコードロック」を活用

LINEを開いた際に「Touch ID」や「パスコード」の入力が必要になるように設定して、他人が自分のLINEアカウントを使用するのを防ぐことも可能です。

設定は、「・・・」ボタン→「設定」→「プライバシー管理」をタップし、「パスコードロック」をONにして、設定したいパスコードを入力すれば完了です。

line-privacy_management4

「Touch ID」は、パスコードロックをONにすると、プライバシー管理の画面に「Touch ID」をON/OFFするためのメニューがでてくるので、それをONにするだけで設定は完了します。(ロック画面に「Touchd ID」を設定していない場合は、別途指紋の登録が必要となります)

セキュリティを高めるという意味では、指紋認証を設定しておくことをオススメします。

line-privacy_management5

LINE専用のパスコードや「Touch ID」を設定すると、LINEを開いた時にパスコードの入力や、アカウント所有者の指紋のタッチが必要となります。

line-privacy_management6

LINEのプライバシーを活用して、自分の身を守りましょう。

以上、参考にして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です