シェアして頂けると嬉しいです!

【iPhone 6s / 6s Plus対応】電波が良くなると話題のWIFIシグナル拡張ケースを使ってみた

スポンサーリンク

電波が良くなるケースを買ってみた

Wi-Fiの電波がよくなると話題のABSOLUTE technologyのWIFIシグナル拡張ケース(型名 : 4712631734105)を購入してみました。

Wi-Fiのシグナルを拡張することによって、電波をキャッチしやすくするのかな? システムはともかくとして、実際に使ってみてどれだけ電波が良くなるのかが最も気になるところですよね。

というわけで、今回、ケースを使って速度計測をしてみることにしました。

パッケージはこんな感じ。

wifi_signal_extension_case1

3D FULL PROTECTIONで、iPhone6s / 6s Plus対応です。

wifi_signal_extension_case2

iPhoneケースなだけに、パッケージを開けるとさらにビニール製の入れ物で保護されています。

梱包は綺麗で丁寧だと感じました。

wifi_signal_extension_case3

いよいよ噂のケースがお目見えです。

質感はかなり固めで頑丈な感じです。これなら落としても割れないでしょうね。

wifi_signal_extension_case4

ユーザーマニュアル(説明書)も入っています。言語は、4ヶ国に対応しています。

wifi_signal_extension_case5

WIFIシグナル拡張ケースの使用感

ケースがかなり丈夫

持った感覚だと、ケースがかなり厚くて頑丈で「ケースをつけてる」感が凄いです。管理人は結構好きなタイプのケースです。

ケースの表面はツルツルしていますが、滑りにくくなっているので手から滑り落ちることはないと思います。

EMWエレメントの引き出しが結構難しい

このケースを使ってWi-Fiの電波を良くするためには、EMWエレメントを引き出す必要があります。

そして、このEMWエレメントの引き出しにはかなりの力が必要です。

ケースをiPhoneに装着していない状態でケースからEMWエレメントを引き出そうとすると、ケースが割れてしまう可能性があるので、ケースをiPhoneに装着した状態でEMWエレメントを指で上に強く押し出す感じで引き出すことをオススメします。

Wi-Fiの接続性を高めるために、インターネットや通話時はEMWエレメントを引き出した状態にしておきます。

EMWエレメントを引き出すと、その度にEMWエレメントがWi-Fiの電波を認識するのにバッテリーを消費することになるので、インターネットや通話の際は常にEMWエレメントを引き出した状態にすることがバッテリー駆動時間を伸ばすことにもつながるらしいです。

ケースを取り付けてEMWエレメントを引き出した状態がこんな感じです。ちょっとアナログな感じ。

wifi_signal_extension_case9

wifi_signal_extension_case10

電源ボタンが押しづらい

ケースが結構分厚いので、ケースをつけた状態だと電源ボタンに指が触れにくくなっています。

電源ボタンを押すときは、ちょっと意識して押す必要があります。

wifi_signal_extension_case8

ケースが取り外しづらい

ケースを取り外すときも結構な力が必要です。

今使っているiPhoneケースの原料がTPUなのですが、このケースにはTPUにあるようなゴムのような柔らかさがないので、取り外しの時は一苦労です。

実測を検証してみた

実際に、EMWエレメントを引き出した状態と引き出していない状態で速度計測をしてみましたが、1回目は上り・下り共にケースをつけた状態が早かったです。

左がEMWエレメントを引き出した状態で、右が引き出していない状態です。

確かに、EMWエレメントを引き出した状態の方が早くなっています。

wifi_signal_extension_case6

念のためもう一度調べてみました。

今回は、EMWエレメントを引き出した状態の下り速度が引き出していない状態に比べて遅いようです。あまり変わらないけど。

通常より速くなるかどうかは、時と場合によるようです。

wifi_signal_extension_case7

Amazonのレビューを見ても効果は様々なようですが、ただつけるだけで若干とはいえど電波が良くなることがあるという結果が出ているというのは凄いと思います。

今後、より良い商品が出てくるのを期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です