シェアして頂けると嬉しいです!

Windows10 Anniversary Updateのインストール後に生じるフリーズを防ぐ方法

日本時間の8月3日にWindows10 Anniversary Updateがリリースされましたが、Windows10 Anniversary Updateインストール後にフリーズする現象が発生しているようです。


フリーズはバグによって発生しているということなので、近々修正版がリリースされると思いますが、PCがフリーズしてしまうと作業にも支障が出てくるかと思います。マイクロソフト社が一時的な対処法を公開しているので、今回はその方法について書きたいと思います。

管理人はParallels Desktop 12 for Macを利用しているので、特に同じ環境でWindows10を利用している方は参考になるかと思います(`・ω・′  )

スポンサーリンク

Windows10をセーフモードで起動する

Windows10をセーフモードの状態で起動していると、フリーズを回避することができるようです。セーフモードで起動するためには、まず「設定」をクリックします。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode1

続いて、「更新とセキュリティ」をクリックします。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode2

次に、「回復」の「PCの起動をカスタマイズする」のところにある「今すぐ再起動する」をクリックします。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode3

すると、Parallels Desktopを使っている場合は、このダイアログが表示されるので「表示」をクリックします。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode11

「トラブルシューティング」を選択します。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode4

「詳細オプション」を選択します。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode5

「スタートアップ設定」を選択します。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode6

「再起動」をクリックします。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode7

すると、スタートアップ設定のメニューが表示されるので、4のキーを押して「4) セーフモードを有効にする」を選択します。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode8

しばらくすると、セーフモードでWindows10が起動します。

windows10_anniversary_update-how_to_start_windows10_in_safe_mode10

Anniversary Updateをアンインストールする

Windows10 Anniversary Updateをインストールしてから10日以内であれば、Windows10 Anniversary Updateをアンインストールすることができます。

まだ10日を経過していない方は、お早めにアンインストールしておくことをオススメします。 

以前のビルドに戻す

10日経過してしまっている場合は、回復環境を利用する方法とセーフモードを利用する方法で以前のビルドに戻すことができます。

回復環境を利用する方法

回復環境を利用して以前のビルドに戻すことができます。

まず、PCを再起動し、サインイン画面でShiftキーを押しながら「電源」→「再起動」を選択します。

Parallels Desktopの場合は、「設定」→「更新とセキュリティ」の「回復」→「PCの起動をカスタマイズする」のところにある「今すぐ再起動する」をタップします。すると、このダイアログが表示されるので、「表示」をクリックします。

windows10_anniversary_update-how_to_return_to_before_build1

続いて、「トラブルシューティング」を選択します。

windows10_anniversary_update-how_to_return_to_before_build2

次に、「詳細オプション」を選択します。

windows10_anniversary_update-how_to_return_to_before_build3

「以前のビルドに戻す」を選択すれば完了です。

windows10_anniversary_update-how_to_return_to_before_build4

セーフモードを利用する方法

上記の方法ではできない場合は、セーフモードで起動した状態で「設定」から以前のビルドに戻すことができます。

まず、PCを再起動した後、サインイン画面でShiftキーを押しながら「電源」→「再起動」を選択します。

Parallels Desktopの場合は、「設定」→「更新とセキュリティ」の「回復」→「PCの起動をカスタマイズする」のところにある「今すぐ再起動する」をタップすると、再起動が開始されます。その後、「表示」をタップします。

windows10_anniversary_update-how_to_return_to_before_build1

すると、オプションの選択画面が表示されるので、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ設定」→「再起動」を選択し、4キーを押して「4) セーフモードを有効にする」を選択します。

windows10_anniversary_update-how_to_return_to_before_build5

次に、「設定」→「更新とセキュリティ」の「回復」をクリックして「以前のビルドに戻す」のところにある「開始する」をクリックすれば完了です。

windows10_anniversary_update-how_to_return_to_before_build6

以上、Windows10 Anniversary Updateをインストールしてからフリーズするようになった方は、活用してみてください。

ソース:Microsoft

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です