シェアして頂けると嬉しいです!

SIMロック解除ができないau iPhoneの使い道はMVNO SIMで格安運用しよう

au-iphone5s

携帯キャリアへのSIMロック解除義務化により、特定の機種を契約した場合、契約から約半年以上経過するとSIMロックを解除することができるようになりました。

ただ、SIMロック解除義務化の対象となる機種は限られています。どの機種が義務化の対象となっているかについては「半年後、iPhone 6s / 6s Plus がSIMフリー端末として使用できる!?」でまとめていますので確認してみてください。

iPhoneについては、iPhone 6s/ 6s Plus以降の機種が義務化の対象となっているのみで、iPhone 6/ 6 Plus以前のものについては、携帯キャリアでSIMロック解除を受け付けてもらえません。

ということは、iPhone 6 / 6 Plus以前のiPhoneについては、SIMフリー端末として使用することはできないことになります。

それでは、携帯キャリアとの契約が終了したら、iPhoneは中古として売るしかないのでしょうか。なんだかそれも悲しいですよね。特に、iPhone 5s以前のものの方が気に入っているというユーザーも一定数いるようなので、手放したくないと考えている人もいると思います。

だからといって、携帯キャリアとの契約を継続すると、多くの場合は高額な通信料金を支払い続けることになってしまいます。

何とかしてiPhone 6以前のiPhoneを継続して使える手はないのでしょうか。

そこで、今回は、iPhone 5sにはどういった使い道があるかについて考えられるところをまとめてみたので共有したいと思います。

スポンサーリンク

室内のWi-Fiを利用してiPhoneを使用する

携帯キャリアとの契約は終了しているので、3G回線を利用して通信をすることができなくなりますが、自宅にインターネット回線のWi-Fiが設置されていれば、そのネットワークを使って端末でインターネットを楽しむことができます。

しかし、この方法だと自宅でしかiPhoneを使うことができず、外に持ちだして通信することができないというデメリットがあります。

MVNOの格安SIMを入れて使用する

この方法でiPhoneを使う場合は、どの携帯キャリアでiPhoneの契約をしたかによって少々異なるので、契約した携帯キャリアごとにまとめました。

auで契約したiPhoneの場合

auで契約したiPhoneを使う場合は、auのMVNOであるmineo(マイネオ)やUQ mobileの格安SIMを契約するという方法があります。

つい勘違いしてしまいがちなのですが、契約した携帯キャリアの回線を借りてサービス提供しているMVNOの格安SIMであれば、SIMロックを解除しなくても利用することができます。

auの回線を借りているMVNO業者は、mineoとUQ mobileなので、この業者のSIMカードをiPhoneに挿入して利用することができます。

ただし、mineoやUQ mobileの格安SIMに対応していない機種やiOSが存在するので契約の際には注意してください。

UQ mobile 動作確認端末一覧
Mineo 動作確認端末一覧

管理人は、iOS 9にアップグレードしたauのiPhone5s持っていますが、UQ mobileは基本的にはiOS 9に対応していないので、このiPhoneにUQ mobileのSIMを挿入して使用することができません。

2016年3月26日現在、iOS9対応のUQmobile公式プロファイルが公開されています!

UQ mobileは月額980円からデータ通信SIMが利用でき、mineoは月額756円から利用できます。mineoの方が同じ通信容量制限でもUQmobileより安く、さらに通話SIMでも違約金がかからないという太っ腹ですので、お試しにはmineoがおすすめ。回線品質が良いと言われているのはUQmobileなのでMVNOの利用を決めている場合は最初からUQmobileがおすすめです。

月額756円(税込)からの格安スマホmineo【対応端末数No.1!】

UQ mobile データ高速プラン(月額980円)

NTTドコモで契約したiPhoneの場合

NTTドコモで契約したiPhoneを使う場合は、auと契約した場合と同じく、NTTドコモのMVNOの格安SIMを契約する方法があります。契約した携帯キャリアの回線を借りてサービスを提供しているMVNOの格安SIMを利用する際には、SIMロックの解除が不要だからです。

現時点でサービスを提供しているMVNOは、mineoとUQ mobile以外はすべてドコモ回線を借りてサービスを提供しているMVNOなので、auと契約した場合よりもSIMカードの選択の幅は広がります。

しかも、NTTドコモのMVNOには、IIJmioやDMM mobileなどのように通信速度が速いと評判のMVNOが存在するので、良い環境でiPhoneを利用できる可能性も高いです。

管理人もIIJmioを使用してみて通信速度は結構速いと感じたのでIIJmioも良いと思いますが、管理人は月額475円から使えるDMM mobileを契約しています(`・ω・′  )

DMM mobile データSIMプラン ライト(月額440円)

ソフトバンクで契約したiPhoneの場合

ソフトバンクもMVNO事業に参入すると発表しているものの、現時点でもソフトバンクのMVNOは存在しないようです。

ソフトバンクのMVNOが存在しない2つの理由

もっともソフトバンクが公式に発表している以上、今後何らかの動きがある可能性も十分あるでしょう。

ソフトバンクとの契約が終了すれば、自宅のWi-Fiを使って利用するか、モバイルWi-Fiルーターと共に携帯して利用するくらいの使い道しかありません。

脱獄するという方法がありますが、これはかなり難易度が高く失敗した事例も見られるのであまりオススメしません。

脱獄に失敗すると・・・

脱獄に失敗すると、iPhoneが起動する画面が繰り返されるという「リンゴループ」という現象が起こりiOSが立ち上がらなくなってしまい、使い物にならなくなってしまいます。

脱獄で使えなくなったiPhoneを復旧するサービスを提供する業者も存在しますが、実際に復旧できると保証されているわけでもありません。

以上、参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です