SIMロック解除ができないau iPhoneの使い道はMVNO SIMで格安運用しよう

au-iphone5s

携帯キャリアへのSIMロック解除義務化により、特定の機種を契約した場合、契約から約半年以上経過するとSIMロックを解除することができるようになりました。

ただ、SIMロック解除義務化の対象となる機種は限られています。どの機種が義務化の対象となっているかについてはこの記事でまとめているので確認してみてください。

iPhoneについては、iPhone 6s/6s Plus以降の機種が義務化の対象となっているのみで、iPhone 6/6 Plus以前のものについては、携帯キャリアでSIMロック解除を受け付けてもらえません。

ということは、iPhone 6/6 Plus以前のiPhoneについては、SIMフリー端末として使用することはできないことになります。

それでは、携帯キャリアとの契約が終了したら、iPhoneは中古として売るしかないのでしょうか。なんだかそれも悲しいですよね。特に、iPhone5s以前のものの方が気に入っているというユーザーも一定数いるようなので、手放したくないと考えている人もいると思います。

だからといって、携帯キャリアとの契約を継続すると、多くの場合は高額な通信料金を支払い続けることになってしまいます。

何とかしてiPhone6以前のiPhoneを継続して使える手はないのでしょうか。

そこで、今回は、iPhone6以前のiPhoneにはどういった使い道があるかについて考えられるところをまとめてみたので共有したいと思います(`・ω・′  )

スポンサーリンク

室内のWi-Fiを利用してiPhoneを使用する

携帯キャリアとの契約は終了しているので、3G回線を利用して通信をすることができなくなりますが、自宅にインターネット回線のWi-Fiが設置されていれば、そのネットワークを使って端末でインターネットを楽しむことができます。

しかし、この方法だと自宅でしかiPhoneを使うことができず、外に持ちだして通信することができないというデメリットがあります。(もちろん、外出先でもWi-Fi環境があるところであればそれで通信できます)

MVNOの格安SIMを入れて使用する

この方法でiPhoneを使う場合は、どの携帯キャリアでiPhoneの契約をしたかによって少々異なるので、契約した携帯キャリアごとにまとめました。

auで契約したiPhoneの場合

auで契約したiPhoneを使う場合は、auのMVNOであるmineo(マイネオ)やUQmobileの格安SIMを契約するという方法があります。

つい勘違いしてしまいがちなのですが、契約した携帯キャリアの回線を借りてサービス提供しているMVNOの格安SIMであれば、SIMロックを解除しなくても利用することができます。auの回線を借りているMVNO業者は、mineoとUQmobileなので、この業者のSIMカードをiPhoneに挿入して利用することができます。(ただし、auのVoLTE対応端末の場合はSIMロック解除が必要なので利用できません)

管理人は、iOS9にアップグレードしたauのiPhone5s持っていますが、UQmobileの公式プロファイルを試してみたところデータ通信や音声通話、SMSが可能でした。(ただし、iOS10.1.1とiOS10.2ではデータ通信ができません)

iPhone6については調べていないので分かりませんが、使えるというユーザーもいるようです。(2016.12.20 ご指摘頂きました)

UQ mobileは月額980円(税抜)からデータ通信SIMが利用でき、mineoは月額756円から利用できます。mineoの方が料金手金は優しく、さらに通話SIMでも違約金がかからないので、お試しにはmineoがおすすめです。UQ mobileは通信速度が速いので、通信速度を重視する方はUQ mobileがおすすめです。

NTTドコモで契約したiPhoneの場合

NTTドコモで契約したiPhoneを使う場合は、docomo回線のMVNOを契約する方法があります。契約した携帯キャリアの回線を借りてサービスを提供しているMVNOの格安SIMを利用する際には、SIMロックの解除が不要だからです。

現時点でサービスを提供しているMVNOは、mineoとUQ mobile以外はほとんどドコモ回線を借りてサービスを提供しているMVNOなので、auと契約した場合よりもSIMカードの選択の幅が広がります。

しかも、NTTドコモのMVNOには、IIJmioやDMMモバイルなどのように通信速度が速いと評判のMVNOが存在するので、良い環境でiPhoneを利用できる可能性も高いです。

IIJmioを利用してみて通信速度は結構速いと感じました。DMMモバイルは月額475円から利用できるので可能な限り通信料金を抑えたいユーザーにオススメです(`・ω・′  )

ソフトバンクで契約したiPhoneの場合

ソフトバンクのMVNOは、今のところ「Hitスマホ」(ヒットスマホ)の1社が存在しますが、このSIMを利用する際はSIMロックの解除が必要なので、キャリアで購入したiPhone6以前のモデルでこのSIMを利用することはできません。

となると、ソフトバンクとの契約が終了すれば、自宅のWi-Fiを使って利用するか、モバイルWi-Fiルーターと共に携帯して利用するくらいの使い道しかありません。

脱獄という方法があるけど…

脱獄するという方法がありますが、これはかなり難易度が高く失敗した事例も見られるのであまりオススメしません。

脱獄に失敗すると、iPhoneが起動する画面が繰り返されるという「リンゴループ」という現象が起こりiOSが立ち上がらなくなってしまい使い物にならなくなってしまいます。そうなってしまうと、部屋に飾る程度の使い道しかなくなってしまい、処分するとしてもジャンク品として安値で買い叩かれるか、廃棄処分するかの選択肢しかなくなってしまいます。

脱獄で使えなくなったiPhoneを復旧するサービスを提供する業者も一応存在しますが(Appleでは修理対象外)、実際に復旧できると保証されているわけでもありません。しかも、Apple以外の業者に修理出したiPhoneはAppleの保証対象外となってしまいます。

以上、SIMロックがかかったiPhone6やiPhone5sの使い道に困っている方は活用してみてください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアする

フォローする