シェアして頂けると嬉しいです!

LINEで非表示にしてしまった友だちをブロックする方法

LINEで友達になっているアカウントが増えてくるとメッセージの確認も大変になってきて、重要なメッセージを見逃してしまう可能性があります。

こういった場合はあまり閲覧しなくなったアカウントをブロックすることがあると思います。例えば公式アカウントと友達になってみたけど、あまり面白くないので見なくなった場合などが挙げられます。

その他にも友達を非表示にする機能がありますが、友達を非表示にしただけではトーク画面に新着メッセージが表示されてしまいます。

line-block1

しかし友達を非表示にしてしまった以上、このままでは通知をOFFにしたり、ブロックしたりすることはできません。そこで、今回は非表示にしてしまった友達を再表示させた上で、通知をOFFにしたり、ブロックしたりする方法について書きたいと思います。

スポンサーリンク

非表示にしてしまった友だちを再表示させる方法

友達を再表示させるためには、まず「設定」→「友だち」→「非表示リスト」をタップします。

line-block2 line-block3

すると、非表示にした友達のリストが表示されるので、再表示したい友達のところの「編集」をタップして「再表示」を選択すればOKです。

line-block4 line-block5

まずは、通知をOFFにすることをオススメします

急にブロックするのはあまりオススメできません。こういった方法を使うのは大抵通知が来るのを防ぐために行うことが多いでしょうから、まずは通知をOFFにする程度に留めておきましょう。

通知をOFFにするためには、通知をOFFにしたい友達とのトーク画面を表示した状態で右上の[V]→「通知OFF」をタップすればOKです。ちょっと紛らわしいですが、ボタンが「通知ON」となっている時は通知がOFFとなっています。

line-block9

友だちをブロックする方法

非表示にした友達が再表示されると、ブロックできるようになります。友達をブロックするためには、友だちリストで左上の「編集」をタップし、ブロックする友達を選択して「ブロック」をタップすればOKです。

line-block6

メッセージを確認しなくなったアカウントをブロックすると、新着メッセージも来なくなります。

以上、情報収集の効率化にお役立てください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です