シェアして頂けると嬉しいです!

Try Wimax レンタルでUQ WiMAXを15日間使ってみた!

スポンサーリンク

Try WiMAXって何?

Try WiMAXとは15日間無料でWiMAXを利用することができるサービスで、このサービスを利用すれば自宅や職場でのWiMAXの利用環境を確認できるというものです。

もちろんWiMAXの最大通信速度や対応エリアについては、UQ WiMAXのホームページで公開されていますが、自宅や職場などで同じ結果が出るかどうかは未知数です。

そこで、このサービスは契約前に通信速度などの利用環境を確認することができるという点で大きなメリットがあるというわけです。

Try WiMAXでWiMAXを使ってみた

レンタルキットが届く

レンタルキットはこんな感じの箱に入って届きます。箱は返却する際に必要となるので、緩衝材も含めて丁寧に保管しておきましょう。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-1

中身は端末や電源、電源用のケーブルなどの他に、案内のチラシや返却の説明書、着払い用の伝票、利用マニュアルが入っています。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-2

箱を開けるとこんな感じ。今回管理人が試したのは、このSpeed Wi-Fi NEXT WX01(クレードルセット)です。右下にあるのがクレードルです。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-3

クレードルがあると、このように端末を立てかけて充電することができて便利です。レンタル用のクレードルセットはほとんど在庫切れとなっていました。結構人気があるようですね。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-4

利用開始

いよいよ利用開始です。速度計測結果はまずまずという感じです。これくらいであれば、インターネットや画像の取り扱いはもちろん、動画視聴も十分可能です。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-5

ちなみにエリアは関東です。地図を確認する限り、山間部でないかぎり対応エリア内のようです。WiMAX 2+の対応エリアは、LTEの対応エリアとほぼかぶっています。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-6
引用元:UQ WiMAX – サービスエリア

通信速度は全く問題ないのですが、ギガ放題を利用する場合でも3日で3GB以上利用すると速度が制限されるという「3ギガ制限」があるので、頻繁に動画視聴をする予定のある方は注意が必要です。動画の長さにもよりますが、3GBは映画やドラマを何度か視聴すればすぐに超えてしまう量です。

詳しくはUQ WiMAXの「UQ Flatツープラス ギガ放題」の速度制限についてをご覧ください。

キットを返却する

Try WiMAXには返却期限があるので必ずその期限までに返却しましょう(`・ω・′  )

返却期限は登録したメールアドレスに知らせてくれます。

返却の際は、「WiMAX搭載機器の返却について」の紙に書かれている通りの物を梱包し、伝票を書いて貼りつけます。箱の開け口は一応固定できるようにはなっていますが、開いてしまう可能性があるのでガムテープなどで密閉しておきましょう。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-7

あとは郵便窓口や集荷サービスなどを利用して発送すれば完了です。着払いなので送料はかかりません。後で返却受付完了のメールも届くので、しっかり保存しておきましょう。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-8

Try WiMAXの申し込み方法

Try WiMAXの申し込みはUQ WiMAXのホームページから行うことができます。

try_wimax-speed_wi-fi_next_wx01-9

なお申し込みの条件があるので、まずはそれに該当しているかどうかを確認する必要があります。特に、過去にTry WiMAXを利用したことがある方は「過去90日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方」に該当するかどうかを確認しておきましょう。

また不安に思っている方もいるかもしれませんが、Try WiMAXを利用しても営業電話などは一切かかってきませんのでご安心ください。

以上、インターネット回線の申し込みを検討中の方はご活用ください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です