シェアして頂けると嬉しいです!

非公式の修理店で修理をしたiPhoneでiOS9にアップデートすると「エラー53」が出現!?

repaired_iphone_by_informal_repair_shops-if_you_update_to_ios9_you_will_get_error53

非公式の修理店で修理をしたiPhoneをiOS9にアップデートしようとすると、iPhoneの復元が困難になるという「エラー53」が出てしまう可能性があると話題になっています。

スポンサーリンク

非公式の修理店で修理したiPhoneユーザーは注意!

基本的にiPhoneの修理をする場合はアップルストアに依頼するようになっていますが、最近ではかなり安い料金でiPhoneの修理や部品交換をしてくれる業者が出てきているので、こういった業者に修理を依頼するユーザーも多いでしょう。

しかしアップル社の発表によると、非公式の修理店でiPhoneの修理を行っている場合、今後iOS9にアップデートしようとすると「エラー53」となりiOSのアップデートが最後まで完了せず復元が困難になってしまうおそれがあるということです。

エラー 53 が表示される場合や、iPhone または iPad をアップデートまたは復元できない場合

具体的には、Touch ID機能を搭載したiOS端末ではアップデートの際にTouch IDセンサーが他のTouch IDに関連する部品と合っているかどうかのチェックが行われますが、Touch IDセンサーが他の部品と合っていなければ、エラー53となってしまうということです。

非公式の修理店でiPhoneのTouch ID関連の部品を非正規の部品に交換していたりすると、エラー53となってしまう可能性があります。また画面を交換している場合も同様の現象が起こる可能性があるということです。

お持ちのiPhoneの修理を非公式の修理店に依頼したことがあるユーザーは、絶対にiOS9にアップデートしないようにしてください。

こういった厳重なチェックが行われるのは、アップル社が構築した特殊なセキュリティシステムにあります。Touch IDによって取得された情報が不正利用されることを防止するためにこのような厳重なチェックが行われ、チェックが正常に行われなければiPhone自体が使えなくなってしまうという仕組みになっています。

もしiOS9にアップデートしてしまったら・・・

万が一iOS9にアップデートしてしまった場合は、アップル社がその対処法を公開していますので、それを実行してみてください。

1. 最新バージョンの iTunes がインストールされていることを確認します。
2. デバイスを強制的に再起動します。
3. デバイスの復元をもう一度試します。
4. デバイスの復元を試したときに依然としてエラー 53 が表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせください。復元が最後まで終わらず、別のエラーコードが表示される場合は、対処法についてこちらの記事を参照してください。

アップルのサポートに依頼すればiPhoneを復元することが可能な場合もあるようですが、非公式の修理店で部品交換をしている場合は、保証対象外の修理代金がかかってきてしまうということです。

iPhoneの復元が困難になる上に、さらに保証対象外の修理代金がかかってくることを考えると、今後iPhoneの修理はアップルストアに依頼した方がより安全でしょうね。

ただ、エラー53が急に出てきて初めて対処が必要というのも少々不親切な感じは否めません。急にiPhoneが使えなくなるのは多くのユーザーにとってかなり不便なことでしょうから、iOS9のソフトウェアアップデート情報にエラー53に関する説明を記載するなど、ユーザーが事前にエラー53について知ることができる機会を与える措置を講じるべきだったと思います。

(追記)アップル社によってiOS9.2.1のビルド13D20がリリースされ、不具合が修正されました。iTunesでiOS9.2.1のビルド13D20を適用することによって、不具合の発生を防止することが可能です。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です