ブロック解除したら確実にバレる!?LINEでブロックされたらどうなるかを徹底検証!

普段の連絡用としてLINEを活用している方も多いかと思いますが、中には特定のユーザーをブロックしたい、もしくはブロックを解除したいと考えているユーザーもいるかと思います。

一方で、LINEでブロックしても直接は相手にわからないようになっているので、最近連絡が来なくなったとか、既読にならないけどどうしたのか、もしかしたらブロックされているのではないか、そうだとしたら原因を知りたいなどと気になっているユーザーもいるかと思います。

そこで、今回は、LINEでブロック/ブロック解除をする方法ブロックされると何が変わるのかブロック/ブロック解除すると相手にバレるのかについて思うところを書きたいと思います。

ブロックを予測することによって、その原因を探るとか、場合によっては誤って仲直りしてもらうなど、何らかの対処をすることができるかもしれないので、参考になればよいかと思います。

スポンサーリンク

友達をブロックする方法

トーク画面でブロックする

そもそも友達をブロックする時は、まず、ブロックしたい相手とのトーク画面を表示した状態で、右上の[ V ]をタップします。

続いて、「ブロック」を選択すれば完了です。「ブロック」をタップした時点でブロックが開始されてしまうので、注意が必要です。


※有料スタンプは、「おしゅし」です。(以下、省略)

友だちリストでブロックする

既に相手からメッセージが送られていて既読にしたくないという場合は、まず、下のメニューバーの一番左にある「」をタップして友達のリストを表示した状態で、左上の「編集」をタップします。

続いて、ブロックしたい友達を選択し「ブロック」をタップすればOKです。

Android版アプリの場合は、スワイプしてブロックはできませんが、長押しするとメニューが表示され、そこから「ブロック」を選択してブロックすることができます。

ブロック中の友だちを確認する方法

どの友達をブロックしているかについては、まず下のメニューバーの「」→「」をタップします。

line-how_to_use_block_function3

続いて、「友だち」をタップします。

次に、「ブロックリスト」をタップします。

これで、ブロックしている友だちを確認できます(ノ)・ω・(ヾ)

ブロックを解除する方法

ブロックを解除するためには、まず、相手のトーク画面を表示した状態で[ V ]をタップします。

続いて、「ブロック解除」を選択すれば完了です。

ただ、この方法だと、ブロックする前に送られ、ずっと未読になっていたメッセージがある場合は、この時点で既読になってしまいます。

それが気になるという場合は、まず、下のメニューバーにある「」→「」の「友だち」→「ブロックリスト」をタップして、ブロックを解除したい友だちの右にある「編集」をタップします。

あとは、「ブロック解除」を選択すれば、少なくともブロックを解除するタイミングでは、「既読」をつけずにブロックを解除することができます。

あと、ここで「削除」を選択してしまうと友達から外れてしまい、今後連絡をする必要が出てきた時は再度ID検索やQRコード、ふるふるなどでその人と友達になる必要があるので、注意が必要です。おそらくこの場合くらいしかLINEで友達が解除されることはないでしょうから、これをやってしまうと相手には結構な確率でこれまでブロックされていたことがバレてしまう可能性があります。

ちなみに、ブロックするとその相手が友達リストに表示されなくなるものの、ブロック解除すると再表示されます。ブロックした状態でも、一応友達状態は続いているようです(・ω・)

あと、友達リストの編集メニューにある「非表示」は単に友達リストで非表示にするだけなので、ブロックとは異なります。あと、トークの削除というものがありますが、これも削除されるのはあくまでもトーク履歴だけであり、友達は削除されません。

ブロックするとどうなる?

メッセージが相手に届かなくなる

LINEでブロックされると、相手(ブロックした側)にメッセージが届かなくなります。ブロックされた相手にも一応メッセージを送れるようで、送信したユーザー(ブロックされた側)のトーク画面にも反映されますが、送信したメッセージは相手(ブロックした側)に確認されることはないので、既読にはなりません。

こちらがブロックされた側のトーク画面です。送信したメッセージが既読になっていないことがわかります。

line-how_to_use_block_function13

一方、こちらがブロックした側のトーク画面です。先程のメッセージが届いていないことが分かります。

line-how_to_use_block_function14

なので、メッセージを送った側からすると、ただ読んでくれていないだけ(未読無視)の可能性もあるので、これだけでブロックを予測するのは難しいところです。

無料通話がつながらなくなる

ブロックされると、ブロックされた側からブロックした側に無料通話を発信しても相手につながらなくなってしまいます。ブロックされた側のアカウントでは一応呼び出し音が鳴りますが、相手(ブロックした側)のアカウントでは呼び出し音が鳴りません。

発信している側からすると、ただ相手が電話に出ないだけという状況になってしまいます。

相手のホーム画面に投稿が表示されなくなる

ブロックされると、一応相手(ブロックした側)のホーム画面にアクセスできるものの、過去の投稿も含めて投稿が表示されなくなってしまいます。

ホーム画面は、相手のアイコン→「」をタップすると表示することができます。

ブロックされた相手のホーム画面には、ブロックされる前には表示されていた投稿が全く表示されなくなってしまいます。

line-how_to_use_block_function21

メッセージが既読にならないとか、無料通話がつながらないということだけでは、あくまでもブロックされているかもしれないと推測する程度に留まりますが、今まで見ることができていたホーム画面の投稿まで見れないとなると、ブロックされている可能性が高いといえるでしょう。

ブロックしても変わらないこと

過去のタイムライン投稿は見れる

ブロックされても、相手(ブロックした側)が投稿した過去のタイムラインに関しては、引き続き見ることができるようです。

こちらがブロックした側のタイムラインです。相手をブロックする前にこの投稿をしています。

一方、こちらがブロックされた側のタイムラインです。ブロックされる前に相手(ブロックした側)がした投稿が表示されていることがわかります。

ただし、ブロックした後に投稿したものに関しては、ブロックされると確認できないようになっています。

こちらがブロックした側のタイムラインです。相手をブロックした後にこの投稿しています。

一方、こちらがブロックされた側が相手にブロックされた後に見た時のタイムラインです。ブロックされた後にされた投稿が表示されていないのがわかります。

BGMの設定も反映される

LINEのプロフィールにBGMを設定している人もいるかと思いますが、ブロックした人がブロック後にBGMの設定を変更した場合は、ブロックされた側から見てもその変更が反映されます。

例えば、プロフィールのBGMにWhiteeeenの『愛唄』を設定していたユーザーが、特定のユーザーをブロックした後にThe Bugglesの『Video Killed The Radio Star』に変更したとします。

こちらはブロックされた側が相手(ブロックした側)のを確認している時の画面です。プロフィールの音楽がWhiteeeenの曲になっていることがわかります。

こちらがブロックした側がプロフィールの音楽を変更した後の画面です。ブロックされたユーザーにも反映されていることがわかります。

アイコンとアカウント名の下に表示されるステータスメッセージがブロック後に変更されても、ブロックされた側にもその変更が反映されます。

既存のグループトークでは変わりなし

グループトークではブロックされても全く変化がなく、ブロックされた側も相手(ブロックした側)のメッセージを引き続き受信することができ、既読もしっかりつきます。今回の実験では3人のグループで行ったので、2個の既読で十分ということになります(`・ω・′  )

line-how_to_use_block_function25
※有料スタンプは、「ふなっしー」です。(以下、省略)

ブロックを解除するとブロックがバレる?(°ω°)

ブロックを解除しても、なんとブロック中に送信されたメッセージはそのまま相手(ブロックした側)に送信されることはなく、これらのメッセージ関しては既読になることはありあせん。ブロックされた期間に送られたメッセージは相手に送信されないので、当然既読にならないって理屈なんでしょうね(・ω・)

こちらがブロックされた側のトーク画面です。相手がブロックを解除した後に送ったメッセージは既読になっていますが、ブロックされていた間のメッセージだけは既読になっていないことがわかります。

line-how_to_use_block_function15

こちらはブロックした側のトーク画面です。ブロックを解除した後のメッセージは届いていますが、相手をブロックしていた間のメッセージだけは届いていないことがわかります。

line-how_to_use_block_function16

なので、一旦ブロックした後に解除すると、ブロックした間に相手からメッセージが届いている場合に限り、少なくともメッセージが既読になっていない期間だけブロックされていたとバレてしまう可能性があります。

もちろん、単にアプリの不具合でメッセージが届いておらず相手の画面に反映されなかっただけの可能性もあるので、一時的にメッセージが既読にならかなったからといって、一概にブロックされていたとも言い切れないでしょう。特に、それがあまりに短期間(1日以内とか)であれば、ブロックの可能性は低いです。

ただ、ブロック解除でバレてしまう可能性は十分にあるので、友達をブロックする際は、その点を十分に考えたほうが良さそうですね(・ω・)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする