シェアして頂けると嬉しいです!

簡単にできる!iPhone/iPadのパスコードを忘れた時の対処法を徹底解説

定期的にパスコードを変えたり、外出先で盗み見された可能性がある時に万全を期してパスコードを変えたりすることは、セキュリティのレベルを上げる意味では良いことだと思いますが、うっかりパスコードを忘れてしまったら大変です。

しかし、iPhoneやiPadのデータをiCloudにバックアップしていれば、パスコードだけをリセットしてiPhone/iPad内のデータを元通りにすることができます。

そこで、今回は、iPhone/iPadのパスコードを忘れた場合に役立つ対処法について解説したいと思います(`・ω・′  )

今回は、3つの方法について書いていますが、どれを利用すべきかはiPhone/iPadの設定やこれまでの利用状況によります。

基本的には、どの方法もiPhone/iPadのデータをすべて削除してパスコードをリセットしてから、バックアップデータを復元するという手順になります。

スポンサーリンク

iPhone/iPadの全データを削除する

この方法は、iPhone/iPadでCloudにサインインし、iPhoneを探すがONになっている場合に利用することができます。

この方法でパスワードをリセットする際に必ず注意しておきたいのが、「設定」→「iCloud」→「バックアップ」の「iCloudバックアップ」がONになっていることが必要です。もし、「iCloudバックアップ」がONになっていないままこの方法を実行すると、iPhoneにある全てのデータが削除されてしまうので注意が必要です。

まず、PCの方でiCloudにサインインして、iPhoneを探すを起動します。(今回は、Macを使用していますが、Windowsでも操作はほぼ同じだと思われます。)

iphone_ipad-how_to_reset_passcode1

続いて、画面上にある「すべてのデバイス」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode2

すると、iCloudに登録されているデバイスが表示されるので、そこからデータを削除したいiPhoneを選択します。今回は、iPhone5を選択しました。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode3

次に、「iPhoneの削除」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode4

すると、「このiPhoneを消去しますか?」というダイアログが表示されるので、「消去」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode5

続いて、「iPhoneの消去」のダイアログが開始されるので、Apple IDのパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode6

iPhoneを紛失した場合は、ここでiPhoneを見つけてくれた人に連絡先を知らせるための電話番号を入力することができますが、今回は紛失したわけではないので、そのまま「次へ」をタップします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode7

次に、「完了」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode8

この状態になればリセットのための操作は完了です(`・ω・′  )

iphone_ipad-how_to_reset_passcode9

次に、パスコードを忘れてロック解除できなくなったiPhoneの方を確認すると、このようにAppleのロゴが表示され、一切操作することができなくなります。見えづらいかもしれませんが、Appleのロゴの下にプログレスバーが表示されています。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode10

このプログレスバーが一杯になったら、パスコードを含めたiPhoneの全データがリセットされます。パスコード以外のデータは、バックアップから復元するので大丈夫ですよ(`・ω・′  )

その後、iPhoneのセットアップのダイアログが開始されるので、手順通りに言語→国→キーボード→Wi-Fiネットワーク→アクティベート→位置情報サービス→新しいパスコードの設定をしていきます。

次に、「Appとデータ」のところでiPhoneのデータを復元する方法として「iCloudバックアップから復元」を選択し、iCloudにサインインします。

二段階認証を設定している場合は、ここで別のデバイスに認証コードが送信されるので、サインインを許可して確認コードを入力します。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode17 iphone_ipad-how_to_reset_passcode18

iCloudにサインインしたら、バックアップしたいデータを選択します。これで、iCloudからiPhoneのデータが復元されます。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode13 iphone_ipad-how_to_reset_passcode14

データの復元が完了したら、「ようこそiPhoneへ」の画面になるので、「さあ、はじめよう!」をタップするとホーム画面が表示されます(`・ω・′  )

iphone_ipad-how_to_reset_passcode11 iphone_ipad-how_to_reset_passcode12

復元に時間がかかっている場合は、アプリを利用が利用できるまでに少々時間がかかることがあります。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode15

iPadの場合も基本的な操作方法は同じです。

iTunesでリセットする方法

iPhone/iPadとPCをUSBケーブルで接続した状態で、iTunesを起動します。この時Apple IDのパスワードの入力を求められたら、3つ目のリカバリーモードを使ってリセットする方法を実行してみてください。

iTunesを起動したら、左上の「iphone_ipad-how_to_reset_passcode32」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode26

続いて、「iPhoneを復元」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode27

しばらくすると、「ソフトウェアを復元する前に、iPhoneの設定をバックアップしますか?」というダイアログが出てくるので、必要であれば「バックアップ」をクリックします。今回は必要ないので、「バックアップしない」を選択しました。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode28

次に、「復元」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode29

すると、復元の準備が開始されます。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode30

しばらくすると、「新しいiPhoneへようこそ」のダイアログが開始されるので、「このバックアップから復元」を選択し「続ける」をクリックします。今回は、iPhoneSEのバックアップから復元します。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode31

すると、iPhoneの画面のAppleのロゴが表示され、その後セットアップのダイアログが開始されるので、後はその手順通りに設定すればOKです(`・ω・′  )

リカバリーモードを使ってリセットする

iCloudの「iPhoneを探す」がOFFになっており、iPhone/iPadをiTunesと同期したことがない場合は、リカバリーモードを使ってリセットすることができます。

まず、iPhoneとPCをUSBケーブルで接続した状態で、iTunesを起動します。この時、Apple IDのパスワードの入力を求められることがあるので、その場合はパスワードを入力し「OK」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode19

次に、iPhone/iPadのスリープボタンとホームボタンを同時に押し続けます。Appleのマークが表示されても手を話さないで下さい。画面がこの状態になるまで押し続けます。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode20

しばらくすると、「アップデートまたは復元を必要としているiPhone”iPhone”に問題が有ります。」のダイアログが出てくるので、「復元」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode21

次に、別のダイアログが出てくるので、「復元とアップデート」をクリックします。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode22

すると、iTunesがこの状態になり、復元の準備に入ります。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode23

iPhoneの方は、Appleのマークが表示された状態になります。しばらくすると、復元が開始されます。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode24

後は、言語→国→キーボード→Wi-Fiネットワーク→アクティベート→位置情報サービス→新しいパスコードを設定して、「Appとデータ」のところで「iCloudバックアップから復元」を選択し、バックアップしたいデータを選択すればOKです。

データの復元が完了した頃には、iTunesの画面がこんな感じに切り替わっていると思うので、Apple IDとパスワードを入力します。

iphone_ipad-how_to_reset_passcode25

これで、パスワードのリセットとiPhoneのデータの復元は完了です(ノ)・ω・(ヾ)

iCloudがポイントだよ!

このように、うっかりパスコードを忘れてしまっても、iCloudにデータをバックアップしておけば、パスコードだけをリセットしてその他のデータを元通りにすることができます。

iCloudはいざという時本当に便利なので、可能な限り活用することをオススメします(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です