シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7/7 Plus、LTEモデムチップがQualcomm社製かIntel社製かで通信性能に差があることが判明

iPhone7/7 Plusでは、モデルによって、LTEモデムチップがIntel社製のものとQualcomm社製のものとが存在することが判明しています。しかも、Intel社製が用いられているものとQualcomm社製が用いられているものとでは通信性能に差があることも判明しており、早速一部ユーザーの間で不満の声が上がっています。

スポンサーリンク

Qualcomm社製の方が常に良い結果に

Cellular Insightsが、Intel社製のLTEモデムチップが搭載されたiPhone7 PlusとQualcomm社製のLTEモデムチップが搭載されたiPhone7 Plusを用いて、基地局から遠ざかった時の通信性能の変化を調査したところ、Qualcomm社製のLTEモデムチップを搭載したiPhone7 Plusが、Intel社製のLTEモデムチップを搭載したiPhone7 Plusに比べて通信性能が優れていることが判明しています。

こちらは、それぞれのモデルの通信性能の推移を比較したグラフですが、Qualcomm社製(MDM9645M)のLTEモデムチップを搭載した方の通信性能が、Intel社製(XMM7360)のLTEモデムチップを搭載した方のそれよりも常に良いことが読み取れるかと思います。

cellular_insights-iphone_7plus-communication_quality-investigation
(C)Cellular Insights

早くも一部ユーザーから不満の声

A1778とA1784のモデルにはIntel社製のLTEモデムチップ、A1660とA1661にはQualcomm社製のLTEモデムチップが搭載されているということです。どっちのモデルかについてはパッケージの裏に記載されています。

iphone7-black-32gb-package

そして、Intel社製の方はGSMの通信規格にしか対応していない一方、Qualcomm社製の方はGSMとCDMAの通信規格に対応していません。なので、たとえIntel製のXMM7360搭載端末のSIMロックを解除したとしても、利用できる通信規格がGSMに限られてしまいます。

そういう意味では、iPhone7/7 Plusでも、iPhone6s/6s Plusで生じた問題と同様に同じiPhoneを購入したユーザー間で不公平が生じている状態となっており、早速一部ユーザーから不満の声が上がっているようです。

といっても、これは海外の話です。海外版を購入している方はパッケージをチェックしてみてください。

日本向けに提供されているA1779とA1785についてはいずれもQualcomm社製のものが搭載されているので、国内モデルを購入している方はご安心下さい(`・ω・′  )

ソース:MacRumors

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です