シェアして頂けると嬉しいです!

【iPhone8】有機ELディスプレイ搭載の5.2インチモデルを含む3モデル構成になる見通し – KGI

iPhone8では、4.7インチ/5.5インチのiPhone7/7 Plusの後継モデルに加え、5.2インチの有機ELディスプレイを搭載したプレミアムモデルが登場するようだと伝えられています。

スポンサーリンク

プレミアムモデルは内部や外観の設計変更も

KGI証券が来年発売予定と噂されるiPhone8に関する予測を発表しており、iPhone8では、5.2インチの有機ELディスプレイを搭載したプレミアムモデルを含む3モデル構成となるだろうとと予測しています。プレミアムモデルは端末の設計変更や部品のグレードアップも行われるようです。

ただ、プレミアムモデルのディスプレイサイズに関しては不明な点もあるようで、5.1〜5.2インチの範囲がアクティブスクリーン領域となった5.8インチのパネルが搭載される可能性もあるということです。

一方、4.7インチ/5.5インチモデルに関しては、メタルの代わりにガラスが採用されること以外は、iPhone7/7 Plusとほぼ変わらないデザインとなるということです。ディスプレイも液晶になるようです。

KGI証券は以前にもiPhone8に関する予測を公表しており、有機ELディスプレイが搭載された全面ガラス製の5.8インチモデルが登場するとか、液晶ディスプレイを搭載した4.7インチ/5.5インチモデルの他に、有機ELディスプレイを搭載したプレミアムモデルが登場すると予測していましたが、現在でもその予測をほぼ踏襲しているようです。

これはKGIの予測ではありませんが、他にも、4.7インチ・5インチ・5.5インチの3モデル構成になるとか、端末サイズは変わらないが、ベゼルフリーになって5インチ/5.8インチの構成になるなどといった予測が登場しています。

最近では、有機ELパネルの供給能力の問題も出てきているようなので、iPhone8発売後にプレミアムモデルだけ在庫不足になるなんてことがなければ良いのですが…。

ソース:9to5Mac

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です