シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone 6sでSoundPEATS(サウンドピーツ) のワイヤレス スポーツ ヘッドセットを使ってみた

スポンサーリンク

外出先での音楽再生や電話の時はBluetoothが便利

外出先でiPhoneで音楽を聴いているとイヤホンのコードが邪魔になることがあって不便なので、今回Bluetoothを使ってみました。

Bluetoothの設定はちょっとむずかしいイメージがあったのですが、設定は結構簡単でした。

使ってみたのは、サウンドピーツのワイヤレス スポーツ ヘッドセット(型名:QY7)です。

価格は2,399円と比較的安めでしたが、実際に使ってみると結構良い感じでした。

iphone6s-bluetooth7

iPhone 6sでのBluetoothの設定方法

iPhoneと接続する

まず、「設定」→「Bluetooth」をタップして、「Bluetooth」をONにします。

コントロールセンターを表示させて、ブルートゥースのマークをタップしてもOKです。

iphone6s-bluetooth1

次に、イヤホンの音が聞こえる状態でこの青いボタンを押します。

電源が入ると「Power on」、iPhone6sと接続されると「Connected」と聞こえてきます。

「Connected」と聞こえてきたら、iPhoneとのペアリング(接続)は完了です。

iphone6s-bluetooth2

接続が完了したら、Bluetoothの画面で「接続済み」と表示されます。

iphone6s-bluetooth3

音量を調節する

音量は、このボタンで調節できます。位置さえ把握しておけば、耳につけた状態でも音量を調節できます。

iphone6s-bluetooth5

充電方法

この青いゴムのフタを取り外すとLightning端子を差し込む部分があります。

ここにLightning端子を差し込んで充電することができます。

iphone6s-bluetooth4

使わない時は、専用のケースに入れて持ち運べる

Bluetoothのヘッドセットを直接かばんに入れると、中がかさばってしまいます。

QY7には専用のケースが付いているので、使わない時はこのケース入れておくことができ、かばんの中に入れても中身がかさばることはありません。

iphone6s-bluetooth6

実際に使ってみた感想

QY7で音楽を聴いてみたところ、通常のイヤホンをつけているかのように音質が良く、耳にもフィットします。

また、有線だとコードが服などに触れる音がしていたのですが、このヘッドセットは首の後ろにかけて使用する形になっているので、そういった音はほとんどしません。

持ち運びの際も専用のケースに入れておけばコンパクトで場所を取らないので、まさに外出先での使用に便利です。これで2,399円は安いと思いました。

さらにペアリングした状態であればハンズフリーで通話もすることができるので、移動中でも通話もかなり楽です。

価格も安いので、Bluetoothを使ってみたいという方は一度試してみるのもありだと思います。

以上、参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です