シェアして頂けると嬉しいです!

HuaweiのAscend G620S の外観デザイン・操作性をレビューする

HuaweiのAscend G620Sはスマートフォンにしてはかなり低価格ですが、低価格でスマートフォンを使いたいというユーザーにはコストパフォーマンスが高いと評判です。価格コムの人気ランキングも26位と結構な上位を維持しており、評価も4.36/5.00とかなり良いです。

低価格で評価もそれなりに高いAscend G620Sは、実際にZenFone 2 LaserやP8liteと比べてどんな感じなのでしょうか。

今回は、Ascend G620を購入したので、外観デザインや操作性についてレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

パッケージ

早速、開封していきます。ちなみに、今回はイートレンドで購入し、価格は13,980円(税込)でした。

パッケージはこんな感じです。同じHuaweiのスマートフォンなので、P8liteのパッケージと似ています。箱は比較的コンパクトで手に馴染む感じです。Huaweiの赤いロゴが光っています。

ascend_g620s1

パッケージの中身

開封すると、「剥がれていたらその旨申し出てください」と書かれたシールと端末がお目見えです。端末は袋に入った状態で綺麗に梱包されています。

Ascend G620Sは、P8liteと異なり「ホームボタン」「戻るボタン」「リストボタン」(スクリーンの下にある3つのボタン)が画面上に表示される形になっていないので、操作がしやすそうですね。

ascend_g620s2

端末の下に周辺機器が梱包されています。充電器はP8liteと同じものです。

ascend_g620s6

全て出すとこんな感じです。左上から充電器、イヤホン、USBケーブル、本体、クイックスタートガイド保証書(1年間)が入っています。

ascend_g620s7

端末

サイズは72.1×142.9×8.5 mm(幅✕高さ✕厚み)と結構大きめで、ZenFone 2 LaserやP8liteよりは若干幅が広めです。

試しにZenFone 2 LaserやP8liteと重ねてみたところ、持った感じではサイズはほとんど変わりません。

ascend_g620s3

上側面にイヤホンジャック、右側面にボリュームボタンと電源ボタン、下側面にmicroUSBケーブルを差し込むところがあります。ちなみに、左側面には何もありません。配置はP8liteとほぼ同じです。

スピーカーで音楽を聞いてみましたが、わりと音質は良いです。イヤホンで聴いてもZenFone 2 LaserやP8liteと遜色なく聴けました。

表面にもカメラがついているので、自撮りも可能です。

厚さはP8liteよりも若干厚めですが、違いはわずか1mmちょっとなので、手に持った感じだとほとんどわかりません。

ascend_g620s5

全体的にP8liteと配置が同じなので、やはり同じHuawei製品だなと感じました。

裏面はプラスティックになっていて、そこは値段相応という感じです。触感はサラサラしているので、チリやホコリはつきにくくなっているようです。

黒がかっこ良いからなのか、汚れが目立ちにくいからなのか、この機種ではブラックが人気のようです。既にAmazonでも売り切れてしまっています。

ascend_g620s4

周辺機器

イヤホンの色は黒です。正直イヤホンはゴミなんで期待しないように。

どの端末のイヤホンジャックも統一されているので、気に入らない場合は、別のイヤホンを使うこともできます。

ascend_g620s8

USBケーブルを充電器につないでみました。

P8liteと同じく、つける時は結構な力が必要です。この辺は価格相応というところでしょうか。

ascend_g620s9

いよいよセットアップ

SIMカードを挿入する

右下の溝に爪を引っ掛けて裏蓋カバーを取り外します。

ascend_g620s14

今回はDMM mobileのnanoSIMを挿入するので、変換アダプタを用意します。

iPhone用の変換アダプタですが、Ascendにも問題なく使用できました。ちなみに、購入したのは「mobeeのNanoSIM/MicroSIM 変換アダプタ(3点セット)」です。

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード

ascend_g620s15

金色の部分を上にして変換アダプタに設置します。

ascend_g620s16

それを金色の部分を下にした状態でスロットに差し込みます。

ascend_g620s17

奥まで差し込んで完了です。

ちなみに、SIMスロットの上にあるのはMicroSDカード用のスロットです。

ascend_g620s18

電源を入れる

Ascend G620Sを起動するとこんな感じ。Ascendのロゴがかっこ良い。

初めて電源をつけた時は、ロゴの表示時間が結構長かったです。それ以後は20秒位だったので、おそらく初めだけ遅いのかもしれません。

ascend_g620s11

セットアップ

Huaweiのロゴが表示された後は、セットアップが開始されます。セットアップの手順はだいたいこんな感じです。

  1. 言語の設定
  2. 問題がなければ、Huawei個人情報保護方針に同意
  3. Wi-Fiの設定
  4. Googleアカウントの設定
  5. 端末の所有者の設定

アカウントを手元に用意しておけばすぐに終わります。

セットアップが完了すると、ついにホーム画面がお目見えです。ホーム画面を見てはじめに思ったのが…

意外にホーム画面綺麗!!!

ascend_g620s12

ドコモの回線もしっかりキャッチできています。

ascend_g620s13

動きもかなりスムーズです。「ス~ス~」って感じで動きますよ。アプリもパッと素早く開きます。

ascend_g620s14

価格の割にかなり使いやすそうなので、これから色々使ってみたいと思います。

Huawei SIMフリースマートフォン Ascend G620S(ブラック)(LTE対応) G620S-L02/BK

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です