シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone8ではベゼルフリーとなり、ディスプレイサイズが5/5.8インチとなる見通し

ニュースメディアとして知られる「MacRumors」によると、2017年に登場するだろうと噂されているiPhone8(サイクル的には7s)シリーズはベゼルフリーとなり、ディスプレイサイズが5インチと5.8インチとなる可能性があるということです。

ベゼルフリーになるとiPhoneのスクリーンの周りのスペースがなくなるので、端末サイズを維持しながら画面を大きくすることが可能となります。

スポンサーリンク

iPadと同じく大画面化の兆候?

この予測は、バークレイズのアナリストであるBlayne Curtis氏らが中国のサプライチェーンから得た情報によるもので、iPhoneでもiPadと同じく大画面化の動きが出ると見られています。

ベゼルフリーにすることによって、端末サイズを変更せずにスクリーンをより大画面にすることが可能となります。つまり、5インチモデルは現行の4.7インチモデルと、5.8インチモデルは現行の5.5インチモデルと同じ端末サイズでありながら、より大きなスクリーンでゲームや動画視聴などを楽しむことができるようになります。

この流れだとホームボタンも廃止されそうな予感がしますが、その点は現状でははっきりしていないようです。

5.8インチモデルのみ有機ELディスプレイが搭載

5.8インチモデルにのみ有機ELディスプレイが搭載される見通しで、従来の液晶ディスプレイよりも明るくなり省電力化などが実現されると期待されています。有機ELディスプレイの主なサプライヤーとしては、今のところサムスン電子やLG電子の名前が上がっており、2018年からシャープも参加する見通しです。

これまで、KGI証券のMing-Chi Kuo氏も、有機ELディスプレイが採用され全面ガラス製となった5.8インチモデルが登場すると予測しているのに加え、液晶ディスプレイを搭載した4.7インチ/5インチモデルに加え、大画面化されたプレミアムモデルが登場するといった情報も出ています。

ちょっと前にも5.5インチモデルが新たに追加され、有機ELディスプレイを採用したプレミアムモデルが登場するとの情報も出ているので、今回の予測はこれまでの情報にほぼ合致するといえます。

他にもVRに対応するという予測も出ています。

ソース:MacRumors

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です